img

ブログ

blog

   Reserve

なぜ定期検診が必要なのですか?

blog

武蔵中原の歯医者さん、中林デンタルケアークリニックです。
今回のテーマは「定期検診が必要な理由」です。
歯科医院というのは、症状を治すために行くイメージがあります。

そのため、何の症状も起こっていなければ、行く意味がないと考える人も少なくなく、 定期検診に対して「お金のムダ」と思っている人もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、歯科医院での定期検診の必要性について解説していきます。

定期検診の目的

定期検診の目的は、むし歯や歯周病の有無など、お口の健康状態を確認することです。 とはいえ、ただ「診る」だけでなく、そこでは治療を行います。 例えば、歯のクリーニングを行い、プラークや汚れを除去します。

また、実際にむし歯や歯周病が発見された場合は、これらの治療を行うことになります。 つまり、定期検診によって、むし歯や歯周病の予防効果を高めることができますし これらの病気に対して、早期治療ができるようになるのです。

一方、定期検診を受けなければ、むし歯は痛みを感じるまで気づかず、 歯周病に至っては、進行しても発症に気づかないケースも珍しくありません。

定期検診の費用

症状を予防するための治療にお金を支払うのは、勿体ないと思っている人もいます。 しかし、本当にそうでしょうか。そこで、費用について少し考えてみます。 お口の健康状態にもよりますが、定期検診の費用は保険適用を前提として、2000〜3000円ほどです。

では、仮に3000円だとして、半年に一度のペースで受診する場合、年間の費用は6000円になります。 一方、むし歯や歯周病で歯を失い、インプラントにしたとして、1本あたりの費用の相場は30万円ほどです。 つまり、定期検診50年分の費用は、インプラント1本の費用とほぼ同じということになります。

仮に2本歯を失ったとすれば、その対処となる治療の費用は、定期検診の50年分の費用に比べて遥かに高く、 むしろ定期検診を受けて歯を守ることは、費用の面だけで考えてもお得です。

治療を嫌う人ほど定期検診を受けた方が良い

歯科医院の治療が嫌いな人は、むし歯や歯周病にかかっていないのに、 わざわざ治療を受けたくないと思うかもしれません。 しかし、治療を嫌う人ほど、定期検診を受診することをおすすめします。

というのも、むし歯や歯周病の治療は、症状が進行するほど大きな治療が必要になるからです。 例えば、むし歯が進行すれば歯を削る範囲が広くなり、さらに歯の根の治療、 場合によっては抜歯が必要になるケースもあります。

一方、定期検診を受診して初期の段階で治療すれば、このような治療は必要なく、 短期間の簡単な治療で、むし歯を治すことができるのです。

初期のむし歯や歯周病は自覚しづらい

むし歯にかかると、歯が痛むイメージがありますが、初期のむし歯に痛みはなく、 つまり歯が痛む時点で、そのむし歯は進行しているということになります。 また、歯周病にも目立った自覚症状がなく、静かなる病気といわれるほどです。

このような理由から、むし歯や歯周病を早期発見するのは難しく、進行させてしまうケースが多いのです。 その点、定期検診を受診していれば、むし歯や歯周病を早期発見しやすくなるため、 これらの病気の重症化を防ぎやすくなります。

そのため、むし歯や歯周病にかかった時、いち早く発見して治療したいと考えるのであれば、 定期検診の受診は欠かせないでしょう。

予防歯科と定期検診

むし歯や歯周病を予防することにおいては、予防歯科と表現されるため、 予防歯科と定期検診の違いが、分かりづらく感じるかもしれません。 そこで解説すると、予防歯科とは、むし歯や歯周病を予防するための取り組みを意味する言葉です。

つまり、毎日の歯磨きも予防歯科ですし、食生活を改善することも予防歯科に含まれます。 そして、自宅で行う予防歯科をセルフケアと呼び、歯科医院で行う予防歯科をプロフェッショナルケアと呼ぶため、 定期検診とは、予防歯科におけるプロフェッショナルケアの一つということになります。

そもそも、予防歯科という診療科は存在しないため、「予防歯科を受けましょう」というのは、 「歯科医院でプロフェッショナルケアを受けましょう」という意味です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、定期検診が必要な理由についてまとめます。

1. 定期検診の目的 :むし歯や歯周病の有無を確認するだけでなく、予防するための治療も行っている
2. 定期検診の費用 :保険適用で3000円ほどの費用で受けることができる
3. 治療を嫌う人ほど定期検診を受けた方が良い :むし歯や歯周病を早期治療することで、簡単な治療で治せる
4. 初期のむし歯や歯周病は自覚しづらい :初期のむし歯や歯周病には、目立った自覚症状がない
5. 予防歯科と定期検診 :予防歯科は、むし歯や歯周病を予防するための取り組みを意味する言葉

これらのことから、定期検診が必要な理由について分かります。 定期検診では、むし歯や歯周病の有無を確認するだけでなく、 これらを予防するための治療を受けることができます。 さらに、むし歯や歯周病にかかっていた場合も早期発見と治療ができるため、 これらの病気の重症化を防ぎやすくなるのです。

Access

医院情報

医院名 中林デンタルケアークリニック
住所 〒211-0041
神奈川県川崎市中原区下小田中1-20-7
アクセス JR武蔵中原駅より徒歩5分
電話番号 044-766-0970
診療時間
9:00 ~ 13:00 - - -
14:30 ~ 19:30 - - -