img

ブログ

blog

   Reserve

歯周病の兆候はどのような症状でしょうか?

blog

むし歯と並んで歯のトラブルの代表的なものに歯周病があります。
歯周病が進行すると歯を失ってしまうこともあるので、できれば初期の段階で治療をおこないたいものです。
しかし、自分で早期に気づかなければ知らない間に進行してしまい、結局大がかりな治療が必要になってしまいますね。
今回は、歯周病を見逃さず早期に治療を開始できるように、歯周病の兆候についてお話していきます。
歯周病が気になる方はぜひ参考にしてください。

歯周病とは?

歯周病は、むし歯と同じくらい身近な疾患といえます。
では、歯周病とはどのようなものなのか、詳しく解説していきます。

歯みがきが不十分だったり、うまくみがけていなかったりすると、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットに汚れがたまり、細菌が繁殖します。繁殖した細菌が塊になったものが歯垢(プラーク)です。

歯垢から毒素がでて、その毒素によって歯ぐきに炎症がおきたり、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けて歯がぐらついたり、やがては抜け落ちてしまうこともあります。
これが歯周病です。

歯周病は大きく分けると、「歯肉炎」と「歯周炎」の二つに分かれます。

歯肉炎は歯周病の初期の段階になります。歯と歯ぐきの間に細菌が入り込み、歯ぐきに炎症がおきることで腫れや出血などの症状が現れます。
歯肉炎が進行してくると歯周炎になります。

歯周炎は、歯を支えている骨が細菌によって溶けだし、歯がぐらついてやがて抜けてしまいます。
歯周病は突然症状が現れるものではなく、痛みもないため気づかないうちに徐々に進行していきます。
症状がハッキリでる頃には重症化していることがありますので、注意しましょう。

また、歯周病が重症化するにつれ全身にも影響が出て、最悪の場合は歯垢や歯石が血管に詰まってしまうこともあるため、歯周病を侮ってはいけません。

歯周病の兆候は?

歯周病の兆候にはどのような症状があるのでしょうか。
症状に早く気づくことができれば、歯周病が重症化する前に治療を開始できますね。

歯肉炎

歯肉炎は歯周病の初期の症状です。
歯と歯ぐきの間が赤く腫れてきたり、歯ぐきから出血したり歯ぐきに炎症がある状態です。
初期の段階では、歯周病とは気づきにくいこともあります。
しかし、炎症は歯ぐきだけでおさまっているので、この段階で治療ができれば、進行をとめることができ、健康な状態に戻すことも可能です。

この場合、炎症の原因となっている歯垢や歯石を取り除くことが大切で、軽度な歯肉炎であれば、ご自身の歯みがきで治すこともできます。
炎症が悪化して症状が進行すると歯周炎になります。

軽度歯周炎

軽度の歯周炎は、歯ぐきの腫れが大きくなってきます。
歯の根っこに向かって炎症が広がり、歯を支えている歯槽骨が溶け始めてきます。
健康な歯周ポケットは0~2ミリ程度ですが、軽度の歯周炎は歯槽骨が溶け始めるため、歯周ポケットは3~4ミリほどになります。

中等度歯周炎

中等度の歯周炎は炎症がさらに広がり、歯槽骨が歯の根の半分くらいまで溶けてきます。
そのため歯周ポケットはさらに深くなり6ミリほどになり、歯がぐらつき始めます。
症状もひどくなり、歯ぐきから膿がでることもあるため口臭が強くなったり、痛みがでてきたりします。

重度歯周炎

重度歯周炎になると、歯槽骨が歯の根っこの半分以上が溶けてしまうため、歯を支えることが難しくなり、歯がぐらついて硬いものがかめなくなってきます。
歯周ポケットは6ミリ以上になり、歯ぐきが下がるため、歯が長く見えるようになります。
出血や膿が頻繁にでやすくなり、歯ぐきの色は赤紫になり、痛みや腫れがひどくなるので、主に食事などの日常生活にも支障がでてきます。

放置しておくと歯が抜けてしまうことがありますので、上のような症状があれば放置せずに、早急に歯科医院を受診しましょう。

歯周病のセルフチェック

歯周病に早めに気づくことができれば、歯垢や歯石を取り除く程度の治療ですみますし、健康な元の状態に戻すこともできます。
そのためには、歯周病かどうか判断するために、ここではセルフチェックの項目をご紹介します。

起床時に口の中がねばねばしていることがある
歯みがきのときに歯ぐきから出血がある
口臭が気になる、または指摘される
歯がぐらつく
歯肉が腫れている
歯と歯の間にものがはさまりやすくなった
歯肉の色が、赤や赤紫のような色をしている
歯並びが変わってきたような気がする
歯の表面がザラザラしている
歯ぐきに痛みがある
歯肉がむずむずする

このような症状があれば歯周病を疑ってみることが発見の第一歩です。
チェックリストに当てはまる項目があれば、早めに歯科医院を受診しましょう。

まとめ

いかがでしたか。今回は歯周病の兆候についてお話してきました。

歯周病は誰でもなる可能性がありますが、初期の段階では症状が表にでないため、なかなか気づきにくい病気です。しかし、悪化すると歯が抜けてしまうこともあるため、できるだけ早期に治療を受けるようにしたいものです。

そのためにはこまめにセルフチェックをおこない、歯周病かも?と疑ってみることが大切です。
少しでも歯周病が疑われるようなら、早めに歯科医院を受診しましょう。

Access

医院情報

医院名 中林デンタルケアークリニック
住所 〒211-0041
神奈川県川崎市中原区下小田中1-20-7
アクセス JR武蔵中原駅より徒歩5分
電話番号 044-766-0970
診療時間
9:00 ~ 13:00 - - -
14:30 ~ 19:30 - - -
ココシカバナー
インスタバナー
かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所