img

ブログ

blog

   Reserve

予防歯科で虫歯の再発を防ぎましょう

blog

武蔵中原の歯医者さん、中林デンタルケアークリニックです。 今回のテーマは「予防歯科で虫歯の再発防止」についてです。虫歯は治療したらもう大丈夫!とはいきません。むしろ、治療した虫歯は再発しやすいといわれています。虫歯の再発防止のためにも、予防歯科で口内を健康に保っていくことが大切です。今回は虫歯の再発のメカニズムと予防歯科の効果を解説していきます。

どうして虫歯は再発しやすいのか?

虫歯は口内のミュータンス菌をはじめとするさまざまな細菌が原因で起こります。
毎日飲食をしていると、どうしても歯の隙間などに食べかすが残ってしまいます。この食べかすが細菌の餌となってプラークが形成されていきます。毎日のブラッシングでこのプラークが除去できれば問題ないのですが、なかなかそうはいきません。丁寧にブラッシング、フロスや歯間ブラシを使っても、どうしても取りきれない部分は出てきてしまうのです。

私たちは毎日食事をしますから、常に食べかすと細菌の脅威にさらされているといっても過言ではありません。こうした口内環境も虫歯の再発の要因になりやすいですし、虫歯はきれいに治るわけではないのです。

虫歯を治療した部分は、残念ながら虫歯になっていない健康な歯と同じ状態に戻せるわけではありません。虫歯治療をした歯は、歯の表面のエナメル質の下にある「象牙質」と呼ばれる柔らかい組織がむき出しの状態になってしまっています。虫歯の治療では詰め物や被せ物をするので、固く補強された様に感じますが、実は元の健康な歯と比べるとどうしても弱くなってしまいます。

このように、虫歯治療後の口内の状態は細菌に非常に感染しやすいため、虫歯が再発しやすい原因にもなっているのです。
虫歯の治療後は「歯がもろくなっている」ことを覚えておきましょう。

詰め物や被せ物も劣化していく!

虫歯の治療では、虫歯の進行度にもよりますが、詰め物や被せ物をします。これまでは金属の詰め物(いわゆる銀歯)が主流でした。今では、見た目や強度、アレルギーなどに配慮して、詰め物の種類にも選択肢が増えました。
セラミックは、従来の金属性とは異なり歯もきれいに見えるため、最近の主流になっています。また、金属アレルギーで治療がしづらかったという方にも好まれています。ただし、一部の部位や条件を除いて自由診療のため、全額自費となることがデメリットです。虫歯治療の後はどのような処置をするのか、歯科医とよく相談しておくことが大事です。

しかし、どのような詰め物や被せ物であっても、通常のブラッシングだけでは歯と詰め物・被せ物の境目の細菌は取りきれません。その結果、虫歯の原因がまたできてしまうのです。

詰め物や被せ物をした後には、自分の口内環境が変化したことを意識しましょう。そして、これまで以上に口内をきれいにしようという気持ちも大切です。

治療したから大丈夫!で終わらせない

先にお伝えしているように、虫歯は治療したから大丈夫!というわけにはいきません。確かに痛みや違和感は治まりますが、治療後の口内は、これまで以上に虫歯になりやすい環境になってしまっているのです。

  • 細菌が繁殖しやすくなっている
  • 詰め物や被せ物は劣化する

こうした事実を気にせずに過ごしてしまうと、これまで以上の早さで虫歯が進んでしまうでしょうし、痛みと治療の繰り返しにもなりかねません。

私たちが毎日食べたり飲んだりして健康な生活を送っているのは、歯があるおかげです。加齢とともに歯が衰え、本数が減ってしまう事実はありますが、「歯を大事にしよう」と思う気持ちが大切なのです。努力次第では、なるべく多く自分の歯を残しておけますし、それは何よりの健康の証といえるでしょう。

それに、歯が健康で虫歯もなければ、食事も美味しくとれますね。自分の歯を虫歯にしない気持ちはいつまでも持っておきましょう。

定期的な予防歯科の効果

虫歯の再発を防ぐためには、口内をきれいにすることが大切というのはお分かりいただけたでしょうか。
しかし、歯の隙間の細菌は通常のブラッシングではなかなか取りきれません。定期的に歯科医院に通ってクリーニングを受けることをおすすめします。

こうした一連の「歯科医院の定期的な受診」を予防歯科と呼びます。予防歯科とは、虫歯や歯周病を未然に防ぐために歯科医院を定期的に受診し、歯の健康を持続するための健診や治療のことです。頻度は、3ヶ月に一度ぐらいが適切でしょう。

ただし、歯周病の症状がある場合は、1ヶ月に一度くらいが理想的な受診頻度です。日常的に嗜好品のコーヒーや紅茶、ワインを飲む方も歯に着色しやすいので、歯に変化が見られるようなら受診の頻度は早めが良いでしょう。歯への着色も早いうちに除去しておくことが望ましいです。

喫煙者の方も定期的なクリーニングが必要です。たばこに含まれるタールには粘着性があり、歯へ付着するとそこから細菌が増える原因になってしまいます。今すぐ禁煙するのはなかなか難しいと思うので、そんな時は歯科医院での予防歯科の受診をおすすめします。

虫歯の治療直後は、様子見で1ヶ月後の受診をすすめられる場合が多いです。もちろん、症状の度合いによりますが、1ヶ月後も順調だったから「おしまい!」ではなく、ここから予防歯科に切り替えていくことが大切といえるでしょう。

虫歯の再発は予防歯科で防げる!

虫歯になってしまったものは仕方がありません。 適切な治療を受けたら、今後は予防歯科で虫歯を再発させないように心がければ良いのです。歯科医院は「虫歯になったら行けばいい」のではなく、普段から受診の習慣をつけておくことで、虫歯にもならず健康も維持でき、良いことばかりです。

虫歯が酷くなって、痛い思いをしてから歯科医院に行くので「歯医者が怖い!」と思うマイナスの気持ちもなくなります。
また、健康でキレイな歯でいられることが人生を楽しいものにしてくれます。

虫歯の再発は、ぜひ予防歯科で防いでいきましょう。

Access

医院情報

医院名 中林デンタルケアークリニック
住所 〒211-0041
神奈川県川崎市中原区下小田中1-20-7
アクセス JR武蔵中原駅より徒歩5分
電話番号 044-766-0970
診療時間
9:00 ~ 13:00 - - -
14:30 ~ 19:30 - - -
ココシカバナー
インスタバナー