img

ブログ

blog

   Reserve

むし歯と歯周病、予防が難しいのはどちらですか?

blog

武蔵中原の歯医者さん、中林デンタルケアークリニックです。 今回のテーマは「むし歯と歯周病の比較」です。 むし歯と歯周病は、どちらも歯を失う要因となる怖い病気です。 そのため、みなさんはこれらの病気を予防しているでしょうが、予防が難しいのはどちらだと思いますか? 仮に、むし歯の方が予防するのが難しければ、歯周病以上に予防を意識する必要がありますよね。 そこで、ここではむし歯と歯周病をさまざまな視点から比較していきます。

1.予防の難しさに大きな差はない

まず、むし歯と歯周病では予防の難しさにおいて、目立つほどの差はありません。 確かに、むし歯と歯周病は原因菌が異なりますが、どちらの原因菌もプラークに含まれています。 つまり、プラークを除去することが予防の基本であり、予防方法はどちらも変わらないのです。 ただし、それぞれの病気が発症しやすい人はいます。例えば、糖尿病を患っている人は歯周病が発症しやすく、 この場合は「歯周病の方が予防は難しい」ということになるでしょう。 このような体質的な理由を除けば、2つの病気の予防の難しさに差はありません。

2.どちらの病気の方が怖いのか

むし歯と歯周病において、怖さを比較する人がいます。 そして、多くの人はこれに対して「むし歯が怖い」と答えるケースが多く、 おそらくそれは痛みが理由ではないでしょうか。 歯に痛みを感じるむし歯に対して、歯周病にはそれほどの痛みはなく、 そのため「むし歯の方が怖い」と考える人が多いのです。しかし、それは間違っています。 どちらも歯を失う要因になる病気のため、むし歯はもちろん、歯周病も怖い病気です。

3.進行のしやすさ

むし歯と歯周病の進行を比較した場合、歯周病の方が進行しやすいと考えられます。 もっとも、これは進行度の早さに違いがあるわけではなく、病気の自覚が理由になっています。 上記でも少し触れましたが、歯周病にはむし歯のような目立った痛みはありません。 そのため、そもそも歯周病の発症に気づけないケースが多いのです。 「歯が痛くない=健康」と判断して歯科医院に行かなければ、歯周病が発症していても治すことができません。 その結果、歯周病は進行してしまうのです。このようなケースが非常に多く見られます。

4.病気の特徴

むし歯も歯周病も歯を失う要因となる病気ですが、歯を失う理由やそれまでの過程は全く異なります。 まずむし歯の場合ですが、むし歯は原因菌の出す酸によって歯が溶かされる病気です。 治療しない限り歯は溶かされ続け、その末に歯は原形を失うほどボロボロになってしまいます。 次に歯周病の場合ですが、歯周病は歯ではなく歯を支える骨の病気です。 原因菌が悪さをすることで歯を支える骨(歯槽骨)が溶かされ、歯が支えを失ってしまうのです。 その結果、歯は不安的になって抜け落ちます。このように、歯を失う理由はむし歯と歯周病では大きく異なります。

5.治療法

むし歯と歯周病は異なる病気ですから、当然治療法も異なります。 むし歯の場合は、患部を削って詰め物で処置するのが基本です。 ただし、進行度によっては削らずに治せることもありますし、一方で神経の除去が必要になることもあります。 歯周病の場合は、お口の中を清潔な状態にするのが基本であり、 そのために歯石の除去や患者さん自身によるプラークコントロールで対処します。 ただし、溶かされた骨は自然に再生しないため、それを希望する場合はエムドゲインなどの治療法を行います。

6.予防方法

最初に解説したとおり、むし歯と歯周病の予防方法は同じです。 有効な予防方法は主に3つで、1つ目に歯磨きよるプラークの除去、 2つ目に食生活を中心とする生活習慣の改善、3つ目に定期検診の受診です。 とくに、定期検診は予防効果を高めるだけでなく、発症時の早期発見につながるため、 発症に気づきにくい歯周病においては、進行を食い止める上でも重要です。 また、歯磨きはプラークの除去率を高めるため、デンタルフロスの使用をおすすめします。

まとめ

いかがでしたか? 最後に、むし歯と歯周病の比較についてまとめます。
  1. 予防の難しさに大きな差はない:体質的な問題を除けば、それぞれの予防の難しさに大きな差はない
  2. どちらの病気が怖いのか:歯を失う要因になるという意味で、むし歯も歯周病も怖い病気
  3. 進行のしやすさ:進行の早さに大きな差はないが、気づきにくいという点で歯周病の方が進行しやすい
  4. 病気の特徴:むし歯は歯を溶かされる病気、歯周病は歯を支える骨が溶かされる病気
  5. 治療法:むし歯は歯を削って詰め物で処置する、歯周病は歯石の除去などでお口の中を清潔にする
  6. 予防方法:歯磨き、生活習慣の改善、定期検診の受診。この点についてはむし歯も歯周病も同じ
これらのことから、むし歯と歯周病の比較について分かります。 ちなみに、歯周病はシニアの方に発症する病気のイメージがありますが、 そうではなく子どもですら発症することがあります。 年齢関係なく、むし歯と歯周病の両方を予防しなければなりません。

Access

医院情報

医院名 中林デンタルケアークリニック
住所 〒211-0041
神奈川県川崎市中原区下小田中1-20-7
アクセス JR武蔵中原駅より徒歩5分
電話番号 044-766-0970
診療時間
9:00 ~ 13:00 - - -
14:30 ~ 19:30 - - -
ココシカバナー
インスタバナー