お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7300-2174

再診・その他のお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

素敵なプレゼント(DH 日蔭)|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック
中林デンタルケアークリニックへのアクセス
お問合せ

院長ブログ

スタッフブログ

スタッフ募集

クレジットカード決済について

2017年9月診療スケジュール

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年10月診療スケジュール

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2017年11月診療スケジュール

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※背景グレーが休診日になります

スタッフのブログ

素敵なプレゼント(DH 日蔭) [2017年10月20日]

こんにちは。最近すっかり冷え込むようになってきましたね~。風邪が流行っているようですね?健康づくりは口元のケアから!皆さんお家でのケア頑張ってくださいね!!

患者さんから素敵なプレゼントをもらいました♪

このリースは検診でいらしている患者さんの手作りなんです!!とても手先が器用ですよね♪手のリハビリにと始めたそうなんですがとてもお上手で毎回びっくりしちゃいます!「可愛い^^」そう思い医院内のいたるところに飾らせてもらってます♪2つめの衛生士のお部屋も掲示板を作ったりして医院内の雰囲気も少し変わったかなぁと思います。

「いろんな歯医者があるけど、やっぱりここじゃないとダメなの!」「今ではここでみてもらうことが楽しみの1つになっています!」「次から始まるケア楽しみにしています!」色んな患者さんから嬉しい言葉をかけてもらい“頑張らなきゃな!”といつも励まされています。ほんの少ししか会話できませんが、患者さんから元気を勝手にもらっています(笑)ありがとうございます!

自分たちの知識を増やす為に、基礎を振り返る為に、診療に活用するために来月はそれぞれセミナーに参加してまいります!向上心はいつまでも忘れずにいたいですね!

また1つ予防の知識が増えた1日(DH 日蔭) [2017年08月08日]

こんにちは!もう上半期が終わり8月になろうとしております。あぁ早い。。。
6・7月はバタバタと忙しく時間があっという間でした。もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、
新しい仲間が増えました☆同じ歯科衛生士として日々刺激を与えもらいながら働いております。

そして7月には2つのセミナーに参加してきました!

1つは新しい衛生士さんを引き連れ~手ワザを極める会に!カタどりをする材料・被せものを接着する材料、
皆さんのお口に入る前に先生のアシストについている衛生士や助手が手で練ったり混ぜたりしています。
手ワザを確認・基礎に返って再確認するために参加してまいりました。

材料の性質を知りどんな扱い方をするのかを今一度確認。自分たちのテクニック力を上げる為に…黙々と練習。
参加終了時には材料メーカーさんから、かわいい受講証をいただきました!
頑張った?自分たちへのご褒美に、以前のブログでも登場したカムリエでケーキを食べて帰ってきました♪大満足の1日になりました!
後日、医院内でデモを行いみんなで練る練習!!!!スタッフ全員のテクニックが少し上がった気がしました☆

2つめは前から気になっていたキシリトールのセミナーへ。まだまだ勉強不足なので参加したのですが、大収穫の1日でした。
「では、みなさんに質問をします。ヒカゲさんどう思いますか~?」一番最初に講師の方に当てられれてビックリ!!

その後は参加した他院の衛生士さんとグループを組み決められたテーマについてディスカッション。
「発表者はジャンケンポン!負けたら発表ですよね?いきますよ~!」ってみんなで笑いながらディスカッション。
初対面なのに皆さん良くしてくれて嬉しかったです。キシリトールを各々の患者さんにどう活用してくか考えました。
「ここのグループは素晴らしい発表でした!」講師の方に褒めていただけたのが嬉しかったです^^

こちらも後日、医院内で報告会を行い「まずは自分で試してみよう!」と、
“キシリトールを摂ることを2週間続ける”にスタッフ3人で挑戦中!!

今1週間たつくらいですね。各々ガムでチャレンジしているのですが、噛むタイミングを考えながら習慣化できるように挑戦中。
出勤中に噛んでるのはみんな一緒みたい(笑)ガムも噛んでほしい粒数(キシリトールの効果的な量を摂るため)があるんですよ?
噛むタイミングを見つけ上手にキシリトールを摂ると良いことがいっぱい♪♪キシリトールについてはまた次回詳しく書きたいと思います。
気になるようでしたら、来院された際スタッフを捕まえて聞いて下さい(笑)

新しい仲間が増えたり、院内での知識が増えたり~また1つクリニックの予防への力が上がった気がします。

今月いらした患者さん「自分で虫歯を予防できるってすごいことですよね!自分の意識が前より高くなってきました♪」
「今回は手ごたえを感じてます!自分で良くなってる気がするんです!見てみて下さい!」
「これ新しく導入したんですか?ちょっと試したいです!」

なんて言ってくださる方も^^予防のテクニックを身に付けている患者さんが増えてきて嬉しいです!!
検診の際、私達とのお話を楽しみにしてくださる方もいて、本当に嬉しく思います♪

これからも日々精進していきたいと思います!頑張ります!!

オリジナルリーフレット(DH日蔭) [2017年07月24日]

こんにちは!梅雨もあけて夏がはじまりましたね!!暑い!!

当院ではオリジナルリーフレットを作成しております。

PMTCや唾液検査のご案内、デンタルフロスの使い方、キシリトールガムについて等… 是非、お手に取ってみてください。 待合室、衛生士ルームに置いてあります^^ これからも少しづつ増やしていければなと思っております。

リーフレットを見て内容に興味をお持ちのようでしたら、担当衛生士や先生にご相談ください!

大人虫歯を予防しよう(DH日蔭) [2017年05月29日]

虫歯は子供でも大人でも予防が必要です。でも“虫歯になりやすい場所”は年齢とともに変化していきます。
今日は大人の虫歯に注目してみたいと思います!

過剰なブラシ圧が継続して歯ぐきに加わって歯ぐきが縮んだり、歯周病が治り腫れていた歯ぐきが退縮(縮む)したりすると、歯の根が露出してきます。
“大人虫歯”はここから始まります。。。
露出してしまった歯の根(根面)は、歯の頭(歯冠)より虫歯になりやすいんです!!
歯の根は軟らかく、弱い酸性度でも脱灰(溶けだすこと)するといわれています。
磨き残しによるヨゴレ(歯垢)がついていたり、歯磨きが苦手な場所がずっと変わらなかったりしていることでも歯の根は溶け出してしまいます。
痛みは少なく、ゆっくりゆっくり…蝕まれていきます。。。
初期症状として「歯がしみる」という方もいます。
歯の溝や間にできる虫歯は早いうちに痛みを感じて「治療が必要だ!」と自分で気づくことができますが、歯の根の虫歯は痛みに気付くころには結構大きな虫歯になっていたり。

基本に戻って、じっくり歯磨きしませんか?味が強かったり、泡立ちがよかったりすると何回もゆすぎたくなります。私も昔は市販の3色で出てくるワクワクする歯磨き粉を使っていましたが思い出すと、何回もゆすいでいたなぁ~(笑)

*Check-Up(standard)*

虫歯予防の定番!泡だちが少なく辛くない。少量の水でゆすげるのでフッ素がお口の中に残りやすい!低研磨なので、歯や歯ぐきに優しい!
フッ化ナトリウム・キシリトール(甘味剤)配合
※子供~大人まで使用可能

*Check-UP(rootcare)*

虫歯予防の定番に色々加わり、根面への停滞性を考えジェルタイプに。さらに泡立ちが少なくなり、よりお口の中にフッ素を残しやすい!さらに研磨剤無配合!
フッ化ナトリウム・殺菌成分(CPC)・知覚過敏予防(硝酸カリウム)・コーティン成分(PCA)配合。
※大人(歯がしみると感じたことがある方・歯が長くなったなと思う方)向け

歯の根の露出は誰にでも起こりうることです。力が過剰に加わっている歯磨き・硬すぎるハブラシ・パワーの強い電動ハブラシ~当て方を間違えると歯ぐきにダメージを与えてしまいます。歯周病の進行・改善によりポケットが浅くなり~、歯の根が見えてきてしまいます。

自分で判断するのは難しいと思いますので、そこは私達(先生・歯科衛生士)に任せてください!歯磨き圧による歯ぐきの変化・歯の根の虫歯・歯磨きの苦手な場所探し、ちゃんとみていますよ!?闇雲に「ハブラシの力が強いですよ!」って言っているわけではないんです。

自分のお口の中がどうなっているのかを分かったうえで、歯磨きグッズを選択してもらえると良い効果がでるのではないのかな?と思います。

ちなみに歯磨き粉を変えてもらっただけで、毎回虫歯を発見する患者さんから、虫歯を発見しなくなりました!!歯磨きテクニックはもともとついていたので、より歯磨きに気合いが入ったのかな?と安心しました。検診予約の確認のハガキに書いたプチアドバイスを「ちょっと気をつけるようにしたんです!どうですか?」なんて言ってくださる方も。大人も子供も「自分のお気に入りの歯磨き粉」見つけてみませんか?きっと歯磨きしたくなりますよ♪♪

自分の虫歯リスクを知る(DH 日蔭) [2017年04月24日]

こんにちは!スタッフブログ久しぶりの更新です^^;

みなさんは自分が~虫歯になりやすいのかどうか~わかっていらっしゃいますでしょうか?

「虫歯って、菌がいるから虫歯になるんでしょ?自分にも菌はいると思う。だって虫歯になったことあるし‥。」
「菌が原因で虫歯になるのはわかるかな!でも私、虫歯になったことないので菌はいないと思う!」
「え?チョコレートって虫歯になるから食べないようにしてたけど、食べても虫歯はできないの?」

残念なことに虫歯や歯周病に危機感を持っていない方が多い気がします。あとは、甘いもの=虫歯という考えがある方も少なからずいらっしゃいますね。

細菌は目に見えない小ささです。私達がお口の中を診ても、細菌までは見えません。でも治療した歯が多かったり、歯石がたくさんついてたり‥お口の中は過去を物語っているんですよ?

歯磨き習慣・よく摂る飲食物などを聞いてくと「あぁ~なるほどな。」とうなずいてしまうときもあります。
患者さんに「さすが御見通しですね!」と言われたことがあります(笑)

さて過去は変えられないので、未来の話をしましょう!
これから先、虫歯をつくらないように・歯石をためて歯周病にならないように、一緒にどんなことができるか考えていきませんか?

今日お話しするのは“唾液検査”です。以前のブログでもご紹介しました唾液唾液を媒体に、細菌がどれぐらいいるのか?唾液のはたらきはどうなのか?がわかります。あと、3日分の食生活を記載して提出していただきます。

検査結果をご説明するのはもちろんですが、食生活についても少しアドバイスさせていただいたりします。
細菌の量(虫歯原因菌に限る※歯周病菌は含みません)・唾液の濃度と緩衝能(Ph)・唾液の量
これらの組み合わせで、虫歯ができやすいのかできにくいのか、歯垢ができやすいのか歯石になりやすいのかがわかります。
そこから何を具体的に気を付ければいいのか、何を加えたら改善できるのか、こちらからアドバイスさせていただきます。

実際に計画をたてメインテナンスの間隔・セルフケアを変更した方、自己流(市販品グッズなど自分で選びたい)で頑張るという方、さまざまいらっしゃいます。積極的に取り組んでいただけて“こらから先、もっとよくしていきたい!”そういう姿勢が感じられて、一緒に頑張ってくれてる^^とこちらが励まされたりもします。新しいことに挑戦する前に“自分のリスク”を知って、そこからチャレンジしてみませんか?

なお、唾液検査は初診時とは別日でご予約をお願いいたします。

今年もよろしくお願いいたします!(DH 日蔭) [2017年01月26日]

あけましておめでとうございます!ちょっと遅れてしまいましたが新年のご挨拶をさせていただきます^^

今年も、皆様のお口のケアのサポートをさせていただきます!よろしくお願いいたします。

“歯医者さんできれいにしてもらえるから家での歯磨きは適当でいいや~”

ヨゴレを赤く染めてみましょう!2種類に色が分かれる染出し液を導入いたしました。新しいヨゴレは赤、それより前からついていたヨゴレは青~紫に。赤しか見当たらない人は中々少ないです。お家について行って皆さんの歯磨きを見てみたいです(笑)

1~2年かけてようやく赤く染まる場所が減ってきた方。「そういやハブラシ○○に変えたよ!どう?磨けてる?」なんて方も。「○○さん、歯ブラシ新しくしました?なんだかいつもよりすごく磨けてます!」色んなハブラシを買って試してる方がようやく自分に合ったハブラシに出会えたり。親子で続けて予約をとり「ママと赤いの勝負だ!判定をおねがいね!」染めだし競争を楽しんでくれたり。今年からお家と医院でのトリートメントケア(検診とは別の項目です)を始めてく方も。皆さんのお口へのケア意識が高まってきてくれたのだと思うと嬉しく思えます^^年末から1月上旬にかけて、そんな嬉しいことがありました。

継続して通われてる方も新規の方も、一緒に“楽しく続けられる検診”にしてみませんか?

“そういやここ、いつも汚れてるよなぁ。ハブラシこう当てたら落ちるかな?”

まずはお家でのケアを気をつけてみましょう?自分では気づかない変化でも小さな変化は起きているかもしれませんよ?

院内でクリスマス会を行いました! [2016年12月22日]

12月16日(金)のお昼休みの時間を使い、ささやかですが院内にてクリスマス会を行いました。
入口にクリスマスツリーも飾っておりますので、ご来院された際はぜひご覧ください。

歯垢(プラーク)の中を覗いてみると…(DH日蔭) [2016年11月25日]

こんにちは!最近冷え込むようになってきましたね~。
皆さま風邪をひかないように体調管理をきをつけてくださいね!
バランスよくお食事をして、歯磨きをしましょう^^

前回に引き続き、歯垢(プラーク)についてお話したいと思います。
単なるヨゴレではないことはなんとなくお分かりになっていただけましたよね?
先生も患者さんに「単なる付着物じゃないんですよ~」と歯磨きやメインテナンス(定期検診)の重要性をお話してくださいます。
先生も衛生士も注意するくらいなので、『歯にも歯ぐきにも、すごーくよくない』んですよ!!!!

特殊な顕微鏡を用いて、歯垢の中の細菌を拡大してみてみます...

この(器具の先端についている)白い塊の中には、形の違う細菌がたくさん集まっています。

この歯垢の中には約1億以上の細菌がいるといわれています!ぎょえ~><゛
良い菌も悪い菌も合わせるとそれくらいになります。
“細菌の集まったかたまり=歯垢”なんです!

簡単に見分けると、丸い形は善玉菌、定期的メインテナンス・セルフケアを積極的に頑張っている方にみられます。
細長い形は悪玉菌、古い歯垢・歯周病の方・歯と歯の間や深いポケット内部の歯垢にみられます。

クリニック内での勉強会で、各々歯垢を採取して顕微鏡で細菌を見てみました。
先生・スタッフ、毎日一緒にいますが生活習慣・歯磨きスタイルはそれぞれですので、みんなバラバラの結果に!
全く同じ結果(細菌の映像)が出ないことも醍醐味でもあります!
当院でも顕微鏡を用いて歯垢の中の細菌を見ることができます!
実際にお見せできる映像は動画ですので、リアルタイムで動き回る細菌を見られます^^
また、映像を記録して保存できますので、セルフケアを頑張った次の検診の時・1年後・2年後…経過をみていくことも!
お口の中の細菌層が目に見えて変わっていくことを実感できます!
ご希望があれば定期検診の内容に盛り込むこともできますので、担当衛生士に申し付け下さい。

私達が口酸っぱく「OOさん、ここまた磨けてないですよ!こーやって当てて下さいね?」「これだと磨き足りないので△△△が必要だと思うので使ってみましょうね!」とお話する理由、なんとなくわかっていただけたでしょうか?

歯磨きを頑張ってほしいからというのはもちろん、お口の中の環境を整えてほしい・細菌が悪さをしないような環境をつくってほしいという思いがあるからなんです!!

歯垢の中を覗いてみて、メインテナンスの重要性・個人にあったセルフケアのアイテムの選択を一緒に考えてみませんか?

歯垢(プラーク)ってなぁに?(DH日蔭) [2016年09月28日]

こんにちは!今日は“歯垢(別名:プラーク)”についてお話させて下さい。
よく私達が患者さんに話す言葉の中の“ヨゴレ”のことを指します。

「え?ヨゴレって食べカスでしょ?そんなに歯についてないはずだよ?」なんて思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
では歯垢がなんなのかを見ていきましょう。

お口の中には細菌がいるのは、みなさんもうお分かりですよね?

簡単に説明するとその細菌が、私たちの飲食物に含まれる糖分等を活動源として歯の表面に“歯垢”を作ります。
食べカスとは別物なんですよ!
“歯垢”の中にも細菌がいるので歯の表面・歯と歯の間についていることはとても望ましくないことなんです。。

“歯垢”もただついているだけならいいのですが、細菌が酸を出してむし歯を作りはじめてしまいます。
あと歯垢のついている時期が長いと、歯垢の中で歯垢の腐敗がすすみガスがでることで口臭につながるという話もあったりします。。

この写真では歯と歯ぐきの境目に白くゴワついた歯垢(プラーク)がついているのがわかります。

では“この歯垢がずっと歯の表面についていたら起こる問題”を考えてみましょう。

  1. 歯ぐきの腫れ・出血の原因に…
  2. お口のネバつき口臭の原因に…
  3. 歯垢の中の細菌が酸を作り、歯の表面を酸で溶かし出す
  4. 歯垢がかたまり歯石になってしまう
  5. 歯垢・歯石が溜まり歯周病の原因に…

歯垢は歯についててもいいことってないんですね^^;
前回スタッフブログにも書きましたが“口臭”の原因にもなってしまうんですね…。
やっぱり歯磨きって大事なんですね~。
みなさんにお任せしている毎日のケアってものすごく大切なんです!!
あの手この手(セルフケアグッズの併用)で歯垢を“落とせるうちに”落としてほしいんです。
ついている時期が古くなってきたり、歯石に変化してきてしまうと、セルフケアでは落とせなくなってきてしまいますので、そうなってしまったら私達歯科衛生士にお任せください!!
最近、ご自身でのセルフケアのレベルがUPした(歯垢を落とせている)ことで歯石がつかなくなってきた方が増えてきました!!
歯垢が溜まりやすい・磨き残しが出やすい場所をご自身で気づけると予防できると思います。
そこに気づけてもらえたのだと思うと、とてもうれしいです♪♪
歯垢をためない・歯石をつくらないお口の健康づくりを一緒にしていきましょう!

「聞きたいことがあれば、私たちをつかまえて質問してくださいね!」と患者さんにお伝えしてるのですが、診療中はゆっくりお話しできる時間が中々とれないことが多いので、これからもブログでたくさんお話させてください^^

ふせごう口臭(DH 日蔭) [2016年09月02日]

こんにちは!今日は1度は気にしたことがあるであろう“口臭”についてお話させて下さい。

タバコやニンニク等を口にした後のにおい、それを“口臭”とイメージされる方も多いかと思います。
では、口臭の種類を見てみましょう。

口臭の種類

生理的口臭

起床直後、空腹時、緊張時は唾液が少なくなり口臭が強くなります

飲食物・喫煙による口臭

ニンニク、ネギ、お酒、たばこ等による口臭 ※一時的なので治療の必要はありません

病的口臭

歯周病、むし歯、歯垢・歯石の沈着、舌苔(舌のよごれ)、唾液の減少、入れ歯の清掃不良、口腔がん
※ほとんどが口の中が原因です。鼻・のど・呼吸器系・消化器系・糖尿病等でも起こる場合もまれにあります。

生理的口臭、飲食物・喫煙による口臭は気にはなりますが、そこまで気にしなくても平気なようです。
起床直後のネバつきや嫌な臭いは予防できる範囲ではあります。
では病的口臭(口腔内が原因による)をどうやって予防していくか考えてみましょう!

口臭の予防

セルフケア

  • ハブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを使用する
  • 洗口液を使用して舌の上や粘膜にいる細菌を洗いながす
  • 舌ブラシを使用したり、ガーゼで舌をぬぐう
  • 入れ歯をお持ちの方は清掃や洗浄液の使用をおこなう

プロフェッショナルケア

  • 定期的な歯科検診
    ※適切な歯磨きなどのケアができているかも一緒にみていきます
  • 歯垢(よごれ)や歯石の除去
  • 歯周病やむし歯の治療

歯磨きは1日2回以上することが望ましいと思われます。
毎回フロスや歯間ブラシを使用していただけると良いのですが、そうもいかないと思われますので夜だけは必ず行ってもらいたいですね!
定期的な歯科検診の間隔は患者さんに合わせて変更いたします(基本的に3か月)。

また、夜寝ている間は唾液分泌が減少します。
お口の中にいる細菌たちが活動する絶好のチャンスなんです。
むし歯菌や歯周病菌は、磨き残しやお口の中に残っている砂糖等をエネルギーにして活動してしまいます。
夜寝る前に必ず磨いてほしい理由がこれなんですね!
このタイミングで洗口液でブクブクうがいをしていただくとより効果的です!
できるだけお口の中をクリアにして寝ていただくのもむし歯予防ですし口臭の予防にも繋がります!

いかがでしたでしょうか?
“口臭”についてなんとなくわかっていただけましたか?
自分の口臭があるのかご自身で判断するのは難しいと思われます。
歯科医院などで診てもらいましょう!
気になる口臭の原因がわかるかもしれませんよ?

« 前のページへ

PAGE TOP