img

ブログ

blog

   Reserve

なぜ自分で歯周病に気づくのは難しいのですか?

blog


武蔵中原の歯医者さん、中林デンタルケアークリニックです。
今回のテーマは「歯周病の特徴」です。
歯周病はむし歯に比べて発覚が遅れることが多く、そのため進行させてしまう人が多い傾向があります。

実際、日本人が歯を失う要因として最も多いのが歯周病ですから、
それだけ歯周病を進行させてしまう人が多いということでしょう。
歯周病を進行させてしまうということは、歯周病に気づきにくいということですが、それはなぜなのでしょうか。

歯周病とは

歯周病は、文字を連想するとどんな病気か何となく分かります。
歯周病とは「歯の周りの病気」と書きますから、歯を支えている骨の病気です。
発症すると歯と歯肉の間に歯周ポケットと呼ばれる溝が生まれ、そこに細菌が溜まっていきます。

そして歯周ポケットが深くなると、細菌は歯の骨に悪さをするようになり、歯槽骨を溶かしてしまうのです。
歯槽骨は歯を支える骨ですから、これが溶かされることで歯は支えを失い、グラグラ不安定な状態になります。
そうすると、やがて歯は抜け落ちてしまうのです。これが歯周病の特徴であり、歯が抜ける理由でもあります。

静かなる病気と呼ばれる理由

歯周病は静かなる病気と呼ばれており、それは文字どおり、静かに進行していくのが理由です。
もう少し分かりやすく言うと、目立った自覚症状がないのです。
例えば、むし歯になると「歯が痛む」という、非常に分かりやすい自覚症状が起こります。

そのため、むし歯が発症すれば誰もが気づくことができますが、
歯周病にはそのような分かりやすい自覚症状がなく、一見お口の中には何の異常も見られません。
だから歯周病が発症しても気づきにくく、知らない間に……つまり、静かに進行していってしまうのです。

初期段階の自覚症状

実際には、歯周病の自覚症状は気づきにくいというだけで、全くゼロというわけではありません。
まず、初期段階の歯周病では歯肉に異変が起こります。
変色して炎症を起こし、細菌駆除のために白血球に集合することで、患部から出血しやすくなります。

例えば、かたいものを食べた時・歯磨きをした時などの刺激によって、歯肉から出血することがあるのです。
さらに、お口の中で細菌が繁殖することで、口臭もするようになります。
口臭の原因はさまざまですが、歯周病による口臭はとくにニオイがきついのが特徴です。

中期段階の自覚症状

中期段階まで進行すると、初期段階の自覚症状に加えてさらに別の症状が起こります。
とくに目立つのは、歯が伸びて見えることです。もちろん、本当に伸びているわけではないのですが、
歯槽骨が溶かされる影響で歯肉が退縮するため、歯肉の高さが下がって歯が長くなったように見えるのです。

また、これによって歯の根が露出することになり、歯の根はエナメル質に保護されていません。
そのため、冷たいものなどの刺激によって知覚過敏が起こり、歯がしみるようになります。
歯肉が下がることによる自覚症状の中には、歯と歯の間の隙間が目立つようになるケースもあります。

重度段階の自覚症状

重度段階まで進行すると、さらに目立つ自覚症状が起こります。
初期段階・中期段階の症状に加えて、指で触ると歯がグラグラと動くようになり、
これは相当量の歯槽骨が溶かされてしまっているのが理由です。

また、歯が支えられていないことで斜めに傾くこともあり、その状態で嚙み合わせると激しい痛みを感じます。
ここまで進行すれば、静かなる病気とは言え、目立つ自覚症状が見られるようになりますが、
重度段階まで進行しているため発見のタイミングとしては遅く、治療しても歯を残せない可能性があります。

歯周病を発見する方法

歯周病を確実に発見するには、定期的に検診を受けるようにすることです。
つまり定期検診の受診であり、医師にお口の健康状態を確認してもらいましょう。
そうすれば、自分では発見しづらい歯周病も発見できますし、むし歯においても同様のことが言えます。

とは言え、一度受診しただけでは一時的な効果しか得られないので、
心配な方は3ヶ月に1回、そうでなくても6ヶ月に1回のペースで受診しておくと安心です。
また、定期検診の中ではブラッシング指導など、予防効果を高める治療を受けることもできます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病の特徴についてまとめます。

1. 歯周病とは :歯の骨の病気。歯を支える歯槽骨を溶かしてしまう
2. 静かなる病気と呼ばれる理由 :目立つ自覚症状がないため、気づかない間に進行してしまう
3. 初期段階の自覚症状 :歯肉の変色、歯肉からの出血、口臭など
4. 中期段階の自覚症状 :初期段階の症状に加えて、歯肉退縮によって歯が伸びて見える、知覚過敏など
5. 重度段階の自覚症状 :初期段階・中期段階の症状に加えて、歯が動く、噛み合わせると痛むなど
6. 歯周病を発見する方法 :定期検診を受けて、医師にお口の健康状態を確認してもらう


これらのことから、歯周病の特徴について分かります。
歯周病は目立つ自覚症状がないため、それを理由に怖くないと思っている方もいます。
しかしそれは逆で、目立つ自覚症状がないからこそ歯周病は恐く、なぜなら進行を許してしまいやすいからです。

Access

医院情報

医院名 中林デンタルケアークリニック
住所 〒211-0041
神奈川県川崎市中原区下小田中1-20-7
アクセス JR武蔵中原駅より徒歩5分
電話番号 044-766-0970
診療時間
9:00 ~ 13:00 - - -
14:30 ~ 19:30 - - -
ココシカバナー
インスタバナー