img

歯周病治療ブログ

perio details

   Reserve

70代女性「歯周病の進行を止めたい」 歯周病の治療と専門的なケア「SPT」で歯ぐきの炎症を抑えている症例

治療前

治療前

治療後

治療後 治療後
相談内容 「治療途中の仮歯が入っているので、その続きをやりたい。また、上の奥歯を抜いており、左で食事が噛みにくい。歯周病になっていないかが心配」とご相談いただきました。
カウンセリング・診断結果 理由はハッキリと覚えていないそうですが、以前左上の奥歯を1本抜歯してしまったとのことでした。歯医者は久しぶりになるそうです。

左上の奥歯は歯ぐきが下がっており、赤みや慢性的な炎症・排膿もありました。
歯周ポケットの深さも7mmに及び、歯の揺れも出ていて歯周病が進行していました。

また、患者様は高血圧とコレステロールのお薬を服用中でした。
行った治療内容 まずは歯ぐきやあごの骨の状態を確認する「歯周組織検査」を行い、歯周病の治療を開始しました。
治療の際は、麻酔をかけて歯周ポケット内の深い場所を丁寧に探り、歯垢や歯石を取り除いていきました。

歯ぐきの炎症が落ち着いた後は、歯周病の進行を抑えるためのメインテナンスとして、自費診療の「SPT」を2〜3ヶ月間隔で受けていただきました。
SPTは歯周病治療後に病状を安定させるための治療・ケアのことで、専用の機械を使って歯周ポケットを洗浄する処置などを行います。
治療期間 1年
費用 歯周病治療は保険範囲内 SPTは保険対象外で1回5,000円
術後の経過と現在の
様子
「やってもらうと臭いがなくなってスッキリするし、辛くないから通えそう」とのことで、前向きに通院していただいています。
歯周病の歯は念入りに磨いてくださっているようで、歯磨きとSPTの継続によって状態は安定してきています。
治療のリスクについて ・歯周病が安定するまでの期間には個人差があります。
クリニックより 歯周病は歯と歯ぐきの境目や、歯ぐきの中の深い場所で発生・進行していきます。 特に奥歯は歯の根が枝分かれしていますので、歯周病に一度なってしまうと治るまで時間がかかりますし、ケアもとても大変です。

「歯科医院に虫歯治療で通院したら、歯周病と言われた」というように、歯周病には自覚症状があまりなく、気づいていない患者様がまだまだ多いです。
歯を残すためには、歯周病を早めに発見・治療することが重要です。歯や歯ぐきの健康状態を定期的に確認するため、ぜひお近くの歯科医院へ通ってみてください。

Access

医院情報

医院名 中林デンタルケアークリニック
住所 〒211-0041
神奈川県川崎市中原区下小田中1-20-7
アクセス JR武蔵中原駅より徒歩5分
電話番号 044-766-0970
診療時間
9:00 ~ 13:00 - - -
14:30 ~ 19:30 - - -
ココシカバナー
インスタバナー
かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所