お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4939

再診・その他のお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

20代男性 初期の歯周病(歯肉炎)に伴う歯肉の腫れと出血の改善|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック

20代男性 初期の歯周病(歯肉炎)に伴う歯肉の腫れと出血の改善

治療前
初期の歯周病(歯肉炎)に伴う歯肉の腫れと出血の改善

治療後
初期の歯周病(歯肉炎)に伴う歯肉の腫れと出血の改善

初の相談内容 上の前歯が痛いので見てほしい、歯磨きをすると出血する
診断結果 歯科医師により、前歯の歯髄壊疽と診断(こちらは、歯科医師で治療)
また、口腔内の清掃不良により、全体的な歯肉の腫れ、出血が認められ、初期の歯周病(歯肉炎)であることが分かった。
行った治療内容 ①簡易唾液検査
現在、虫歯・歯周病になり易い状態にあるか、口臭があるかを調べることができる唾液検査
②口腔内のクリーニング(歯垢・歯石の除去・研磨・口腔衛生指導)
治療期間と費用 治療期間は1日(再評価の為、1週間後にチェックと再クリーニング)
費用は、簡易唾液検査のみ自費\1100(税込)、他は保険内にて行った。
術後の経過と現在の様子 歯肉の腫れはおさまってきているが、まだ少量出血している。
口腔衛生指導により、ホームケアの重要性を理解して頂き、ホームケアの改善を行うことで出血も徐々に減少すると予想。今後も、定期検診によって経過を診ていく予定である。
治療のリスク 前回同様、歯肉の改善には歯科衛生士のみではなく、ホームケアの改善や見直し等が重要です。歯科衛生士が毎日患者様の口腔内を診ることはできないので、毎日のお家でのケアはとても大切です。歯石を取り除き、歯肉の改善が見られても、ホームケア不足で、再び歯石が付着すれば、同じことの繰り返しになってしまうので、歯周病ケアは、歯科衛生士と患者様との協力が必須だと思います。

PAGE TOP