お問い合わせはこちらまで
       

お電話でのお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

歯間ケアの必要性|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック

歯間ケアの必要性

みなさんこんにちは。久しぶりのブログ更新です!
今日は歯と歯の間のお手入れについてのお話をさせて下さい。

私は初診でいらした方、久しぶりにいらした方、口腔内環境が改善された方…等、普段使っているアイテムについて質問をします。
「ハブラシの他に何か使われていますか?」
普段お使いになっている方だと“歯間ブラシ使ってます!”だとか“プラスチックの枝に糸がついたのをたまに~”と答えてくださいます。
ご使用になられている方でも「あれ?これは…ホントに使っているのかな??」という方もいらっしゃいますが、その話は置いときますね^^;

興味深い結果が出ていますね!さて、みなさんは3択のうちどれにあてはまりますか?

ハブラシだけでは、やはり磨き残しが出てしまいます。
表面は磨けても、歯と歯の間・側面についてるヨゴレ(歯垢)までは落とせないようです。
補助的に、糸ようじ・デンタルフロス、歯間ブラシだったりを使わないといけないんですね~。
では、使わないとどうなるか!?歯と歯の間のヨゴレ(歯垢)が口臭の原因を引き起こしたり、歯ぐきの腫れ・出血を引き起こしたり、歯石になって歯周病になったり・・・。
悪いことしか起こりかねないんです。

「糸ようじ・デンタルフロスではスカスカだよ。」と、いう方には歯間ブラシが使用できます。
歯と歯の隙間に通すことで、ヨゴレ(歯垢)を落とします。
人によって適切なサイズが異なりますので、一度ご相談下さい。

ちなみに私は、デンタルフロスを使っています。
昼と夜のブラッシング後に使用しています。
使い捨てタイプ(糸を使用する長さを調節して切る)なのでしっかりヨゴレ(歯垢)が落とせます。
個人的に写真のメーカーのフロス(ルシェロ)がオススメです^^

時間を見つけてやってみませんか?実は使う事より生活習慣に馴染むまでが、大変だったりします。
夜が時間もとれていいのではないかと、思います。
分からないことがあれば一緒に練習しましょう!
診療室の洗面台の鏡の前で、デンタルフロスの練習をした患者さんも何人かいらっしゃいますよ^^
なかなか楽しいですよ?‥もしかして私だけでしょうか?

“患者さんと一緒に口腔ケアをしていく”私が心がけている事です。
一緒にお口の健康を保っていきましょう!!

PAGE TOP