お問い合わせはこちらまで
       

お電話でのお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

虫歯の痛みがある日突然治まりました。なぜ急に痛まなくなったのですか?|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック

虫歯の痛みがある日突然治まりました。なぜ急に痛まなくなったのですか?

1. なぜ急に痛まなくなったのか

今まで痛みがあった歯が、急に痛まなくなった時というのは、虫歯が進行し、歯の神経が死んでしまった時です。

歯は、一番表層がエナメル質、二番目は象牙質でできており、その内側に歯の神経があります。エナメル質だけが虫歯になっている初期の状態では痛みはほとんどありません。
虫歯が象牙質にまで進行してくると、冷たいものがしみたり、甘いものを食べると、痛みを感じたりするようになります。
虫歯が神経にまで達すると、痛みが強くなり、何もしなくてもズキズキと痛むようになります。ひどい痛みで頭痛がする事や、眠れなくなる事もあります。
そのまま神経を侵し続け、神経が死んでしまうと、痛みを感じる事が無いため、虫歯は進行している状態にも関わらず、痛みが無くなります。

2. 虫歯を放置するとどうなる?

ごく初期の虫歯を除いて、虫歯は自然に治る事は絶対にありません。痛まなくなったからといって、虫歯が良くなったわけではありません。一度痛みがあった歯が、痛まなくなったという事は、虫歯がかなり進行しているという事です。放置すると危険な状態になる事があります。

虫歯を放置した場合どのようになるのか、程度の軽いものから順に、解説していきたいと思います。

(1)根の先に膿が溜まる

根尖病巣(こんせんびょうそう)といって、神経の空洞の中で増殖した虫歯菌が、根の先に漏れ、膿の袋を作った状態です。徐々に膿の袋は大きくなり、腫れや痛みを繰り返します。根の中から膿を出し消毒をする治療を行います。場合によっては、歯ぐきを切開して膿を排出させる場合もあります。根の先の病巣が無くなるまで、繰り返し治療を行う必要があります。

(2)上顎洞炎

上顎の奥歯は、鼻の副鼻腔という空洞近くに位置しています。副鼻腔の中でも上顎洞は、歯の根の先と距離が非常に近いため、根の先に膿が溜まると、上顎洞に流れ溜まるようになります。口臭が強くなる事や、頭痛・目の下の痛みがでる事があります。場合によっては、顔面が大きく腫れる事もあります。
抗生物質を服用しながら、根の治療を行い、上顎洞内がきれいになるまで膿を取り除きます。

(3)骨髄炎

歯の根の中の細菌が、顎の骨にまで広がってしまう事があります。顎の骨に感染すると。骨髄炎になると、強い腫れ・発熱・寒気・嘔吐などの症状がでます。全身の倦怠感が強くなり、口を開けるのが難しくなる事もあります。
原因と思われる虫歯の治療後、骨髄炎の治療を行います。膿が出ている場合には膿を排出させ、感染しているであろう骨や筋肉を取り除く外科手術が必要な事もあります。入院・抗生物質の点滴が必要になる事もあります。

(4)アレルギーの原因になる

根の先に長期間、膿が溜まっていると、アレルギーの原因となる事があります。その影響で手や足に嚢胞(のうほう)症状が現れる事があります。

(5)心筋梗塞や脳梗塞を起こす

虫歯菌が広がり、歯ぐきや顎の骨から血液の中に入り込むと、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす事があります。高齢で免疫力が低下している方などは、虫歯菌が肺に入って、肺炎を引き起こす事もあります。

(6)虫歯菌が全身に感染する

虫歯菌が増加し、血液中に入り込み、全身に感染する事があります。心臓や脳・骨などに感染すると死に至る事もあります。
健康な人で起こる事は稀ですが、身体の免疫力が低下している時には危険が高まります。多くの人は、その状態になる前に、痛みや腫れなどで耐えられず受診して処置を受けますが、虫歯を放置しておくととても危険な状態になる事があるので、覚えておきましょう。

3. 痛みの原因が虫歯で無い場合

自分では虫歯があると思っていても、痛みの原因が虫歯では無い場合もあります。虫歯と間違えやすい痛みの代表的なものを挙げていきます。

(1)知覚過敏

象牙質が露出した部位などに、冷たいものが触れると、ズキンと一瞬痛みが走る事があります。虫歯のように細菌感染しているわけではありません。知覚過敏は、改善する事がありますので、痛みが無くなったと感じる事もあるでしょう。

(2)歯周病

歯周病が進行すると、歯ぐきが下がり、歯の根の表面が露出するので、刺激によって歯が痛む事があります。また、歯がグラグラと揺さぶられるので、噛む時に痛みを感じる事があります。
歯周病は、免疫力が低下している時や、女性の場合は出産前後や月経前後・更年期などホルモンバランスが乱れる時に、急性炎症を起こしやすくなります。そのため、一時的に症状が出て痛みがでるものの、体調の変化によって痛みが治まる事があります。

(3)根尖性歯周炎

虫歯が原因で根尖性歯周炎になる事もありますが、昔神経を抜いた歯が、後になって根の先に炎症を起こす事があります。歯が浮いたような感じがしたり、噛むと痛むなどの症状があります。
体調によって痛みの程度が変化する事があるので、痛みが無くなったと感じる事もあるでしょう。

これらの症状の場合には、痛みが治まる事が考えられます。しかし、いずれの場合も、虫歯で無いとはいえ、早めに受診をする事が必要です。

4. まとめ

虫歯の痛みがある日突然治まった場合、虫歯が進行して、歯の神経が死んでしまった事が考えられます。虫歯が進行すると、神経に近づくにつれて痛みは大きくなりますが、そのまま放置しておくと歯の神経は死んでしまい、痛みを感じなくなってしまいます。

しかし、痛みを感じなくなったからといって、決して良くなったわけではありません。虫歯は自然に治る事はありません。痛みが無くなっても、虫歯は進行し続けます。放置すると危険な状態になる事もありますので、痛みが無くなった場合も、必ず受診して治療をする事が大切です。

PAGE TOP