お問い合わせはこちらまで
       

お電話でのお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

親知らずは虫歯になりやすいの?|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック

親知らずは虫歯になりやすいの?

親知らずは虫歯になりやすい歯です。
親知らずは、斜めに生えている場合や、半分埋まっている場合が多く、不衛生になりやすい歯です。虫歯菌も溜まりやすく、歯ブラシで除去しにくいので、親知らず周囲は、虫歯菌が繁殖してしまう事が多いのです。

また、親知らずは、歯の中でも一番奥に位置しており、虫歯になってしまっても、痛みが出るまで気がつかない事も多く、いつの間にか虫歯が大きくなってしまっている事もあります。

親知らずが虫歯になってしまったらどうすればいいの?

親知らずが虫歯になってしまった場合、「治療をして残す」か「抜歯をする」どちらかの選択になります。それぞれの場合について説明していきたいと思います。

1. 治療をして残した方が良い場合

親知らずがきちんと機能している場合には、残しておくのが良いでしょう。次のような条件が揃っている場合には、虫歯の治療が可能であり、残す事ができます。

しっかりと噛み合っている

親知らずが噛み合わせに参加している場合には、しっかりと機能をしているという事です。他の歯と同様に、虫歯治療をして、再び噛める状態にする事ができます。

まっすぐに生えている

親知らずは、斜めに生えていたり、横向きに生えている事も多い歯です。まっすぐに生えていないと、治療器具が届かないなども問題があり、充分な虫歯治療をする事ができません。

お口を大きく開けられる

親知らずは、一番奥に生えているので、虫歯治療をする際には、長い時間お口を大きく開ける必要があります。大きく口を開けるのが難しい場合、顎関節症がある場合は、治療が難しくなります。

特殊な例として、“親知らずの手前の歯が大きな虫歯になっている”場合に、積極的に親知らずを残す治療をする場合があります。手前の歯を失ってしまった時に、後ろの親知らずを利用できる事があります。
親知らずを利用して、ブリッジにする治療や、親知らずを手前の歯があった部分に誘導してあげる治療を行う事があります。

2. 抜歯をした方がいい場合

横向きや斜めに生えている

親知らずが、横向きや斜めに生えている場合は、充分に虫歯治療を行う事ができません。汚れも溜まりやすいので、再び虫歯になってしまう事が多いので、多くの場合、無理に治療をせず、抜歯をした方が良いでしょう。抜歯をする事で、汚れも溜まりにくなり、お口の環境が良くなります。
横向きや斜めに生えている親知らずは、虫歯が、手前の歯に広がりやすいのも問題です。

虫歯が大きく神経にまで達している

親知らずは歯の根が曲がっている事も多く、歯の根の治療は、とても難しいものになります。中に細菌が残ってしまう事もあり、治療の成功率が低いので、後になって再び痛みが出てしまう事もあります。

虫歯が手前の歯にも広がっている

親知らずと手前の歯が生えている方向が違うなどの理由で、汚れが溜まりやすくなっている事が原因の1つになります。そのため、治療をしても再び虫歯になりやすくなります。
親知らずを抜歯して、手前の歯の虫歯の治療を行い、手前の歯が再び虫歯にならないように虫歯予防をしていくのが良いでしょう。

口を開けている事が難しい

口を長く大きく開けている事が難しい場合や、顎関節症がある場合は、充分に虫歯の治療を完了できない場合があります。きちんと治療ができないと、すぐに再び虫歯になってしまいます。

親知らずの虫歯を予防するにはどうすればいいの?

親知らずは、周囲に汚れが溜まりやく、きれいに歯みがきをするのが、とても難しい歯です。できるだけ虫歯にしないために、次の2つのポイントに注意して歯みがきをするようにしましょう。

ワンタフトブラシでみがく

親知らずは、奥まった狭いところに位置しており、普通に歯みがきをしても、なかなかブラシが届きにくいものです。小さめの歯ブラシを横から突っ込んでみがく事もできますが、親知らずに届きやすい“ワンタフトブラシ”がオススメです。
ワンタフトブラシは、一束の筆のような形をしたブラシです。ピンポイントで1本の歯をみがく事ができるので、通常の歯みがきをした後、ワンタフトブラシで、親知らずをみがくと良いでしょう。

歯科医院でクリーニングをする

親知らずは、自分だけの力で完璧にみがくのは、とても難しいです。歯科医院で定期的にクリーニングを行い。自分ではみがききれない汚れを除去するようにしましょう。また、自分でみがく時の方法も、歯科医院で確認するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。親知らずは、汚れが溜まりやすく、虫歯になりやすい歯です。また、虫歯になってしまっても、自分で気がつきにくいので、いつの間にか虫歯が大きく進行してしまう事も多いので、注意が必要です。

親知らずが虫歯になってしまった場合は、「治療をして残した方が良い場合」と、「抜歯をした方が良い場合」があります。

治療をして残した方が良い場合は、次の3つの条件が揃っている場合です。

  1. しっかりと噛み合っている
  2. まっすぐに生えている
  3. お口を大きく開けられる

抜歯をした方が良い場合は、次の4つの場合です。

  1. 横向きや斜めに生えている
  2. 虫歯が大きく神経にまで達している
  3. 虫歯が手前の歯にも広がっている
  4. 口を開けている事が難しい

親知らずの虫歯予防には、次の2つのポイントがあります。

  1. ワンタフトブラシを使用する
  2. 歯科医院でクリーニングする

親知らずの状態を良好に保つためには、定期検診が大切です。親知らずの虫歯などのトラブルが起きる前に、定期健診を受けるようにしましょう!

PAGE TOP