お問い合わせはこちらまで
       

お電話でのお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

噛み合わせが悪いとどのような悪影響が起こりますか?|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック

噛み合わせが悪いとどのような悪影響が起こりますか?

虫歯や歯の色の問題に比べると、噛み合わせの悪さは軽視されがちです。
別に病気なわけでもないし、変色した歯のように見栄えに影響することもない、
そんな理由で噛み合わせの悪さは気にしないという人が多いのです。
しかし、実際には噛み合わせが悪いことは、私達に様々な問題を引き起こすのです。
では実際にどんな問題が起こり得るのか?それをここで説明していきます。

1. 見栄えに自信がなくなる

白いだけでは美しい歯とは言えず、噛み合わせの良し悪しも重要なポイントです。
噛み合わせが悪ければ歯並びが悪いことが想像できますし、
歯を食いしばった時に不自然な隙間が存在してしまいます。

このため、歯が黄ばんで変色している人が見栄えの面で自信を失くすように、
噛み合わせが悪い人も同様に見栄えに自信が持てなくなるのです。
そうなれば、噛み合わせの悪さから生じる歯並びの悪さがコンプレックスになってしまいます。

2. 全身に悪影響を及ぼす

噛み合わせが悪いことで、全身にも悪影響を及ぼします。
具体的な症状をズラリと挙げると、肩こりや頭痛、腰痛や目まいなどが起こります。
一見無関係に思える症状ですが、実は噛み合わせの悪さが引き金になっているのです。

その理由を説明すると、噛み合わせが悪いことで身体の重心がずれます。
そうすると、バランスをとるために肩や腰を歪ませることになります。
結果的に姿勢が悪くなってしまい、それが肩こりや頭痛などを引き起こしてしまうのです。

3. 歯科治療に支障が出る

例えば、失った歯を取り戻せることで注目されているインプラント治療ですが、
噛み合わせが悪いとインプラント治療に支障が出てきます。
と言うのも、噛み合わせが悪いままインプラント治療を行っても、しっかり噛めない状態になるからです。

また、歯科医師側の本音を言うと、噛み合わせの調整をすることは難易度として非常に高く、
インプラント以外の様々な治療においても支障となり得るのです。
一定の歯だけに力が掛かるため、歯自体の健康も失われやすいのです。

4. プラークが付着しやすくなる

噛み合わせが悪ければ、歯並びも悪いことになります。
歯並びが悪いと日頃のブラッシングもやりにくい上、余計な隙間にプラークが付着しやすくなります。
それは言うまでもなく、虫歯や歯周病を招くリスクが高まることになります。

また、プラークは歯と歯がぶつかることで落ちることがありますし、
よく噛むことでボロボロと落ちていくこともあります。
しかし、噛み合わせが悪ければ歯と歯が当たる頻度も少なく、そもそもうまく噛むことができません。
このため、こうした自然なプラークの除去にも期待できなくなるのです。

5. 顎関節症になりやすい

聞き慣れない病名かもしれませんが、日常生活に支障を及ぼす厄介な症状を持っています。
基本的に顎が痛くなりますし、大きく口を開けることもできなくなります。
また、顎の動きが変わってしまうので、より一層噛み合わせも悪くなってしまいます。

さらに、人によっては口を完全に閉じられなくこともあるのです。
全ての症状が同時に起こるとは限らないものの、
噛み合わせの悪さによって顎関節症になってしまうと、これらの症状が起こる可能性が出てきます。

6. 性格に影響する

いわゆる精神面の問題です。噛み合わせの悪さは自律神経に支障をきたすため、
その影響でイライラする頻度が高くなってしまいます。
また、上記で挙げたように見栄えの悪さに悩んでしまうと、性格も内気で暗くなるでしょう。

また、自分の笑顔に自信が持てなければ会話することにも抵抗を感じてしまうので、
ビジネスやプライベートにおいてもマイナス要因になるのです。
見栄えの悪さから起こる悪影響であることを考えると、これは特に若い女性に言えることです。

いかがでしたか?
最後に、噛み合わせが悪いとどんな悪影響が起こるのかについてまとめます。

  1. 見栄えに自信がなくなる :噛み合わせが悪いということは、歯並びが悪いことにもなるため
  2. 全身に悪影響を及ぼす :姿勢が悪くなり、その影響で肩こりや頭痛や目まいを引き起こす
  3. 歯科治療に支障が出る :インプラント治療などは、噛み合わせが悪いとうまくいかないことがある
  4. プラークが付着しやすくなる :ブラッシングがやりにくくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まる
  5. 顎関節症になりやすい :症状としては、大きく口を開けられないなどがある
  6. 性格に影響する :自律神経に支障をきたし、イライラしやすくなる。笑顔にも自信が持てなくなる

これら6つのことから、噛み合わせが悪いとどんな悪影響が起こるのかが分かります。
確かに、噛み合わせが悪いこと自体は、歯を失うような病気ではありません。
しかし、歯周病や虫歯など、歯を失う病気を招く要因にはなるのです。

また、自身の性格を変えてしまうようなコンプレックスを抱えることにもなりますし、
噛み合わせが悪いという状態を甘く見てはいけません。
歯科矯正をはじめ、噛み合わせの悪さを改善するための治療を真剣に検討すべきです。

PAGE TOP