お問い合わせはこちらまで
       

お電話でのお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

定期健診はなぜ必要なのですか?|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック

定期健診はなぜ必要なのですか?

歯の病気を予防するために、毎日の歯磨きと同じように定期健診の重要さについて語られます。
定期健診をしていない人は、何をしてもらえるのか、何故必要なのかなど分からないと思います。
定期健診をしている人と定期健診をしていない人でどのような差が出てくるのでしょうか。
そこで、なぜ定期健診が大切なのかを詳しく説明していきます。

定期健診で何をチェックしてくれるのか

まず、定期健診でチェックしていることをご説明します。

  • 磨き残しのチェック
  • 歯のクリーニング
  • 虫歯や歯周病の発見
  • 詰め物の確認
  • 粘膜や唾液が正常かどうかの確認
  • ブラッシングの指導

定期健診でチェックしてくれることは主にこのようなことです。
入れ歯をしている人は調整をしてくれたり、噛み合わせなどのチェックもしてくれます。
いずれも自分では気づかないような細かな確認をしてくれます。

なぜ定期健診が必要なのか

毎日きちんとブラッシングをしていても残念ながら虫歯や歯周病を引き起こしてしまうことがあります。
虫歯は痛みやしみが始まるので早期に発見できる場合もありますが、歯周病は自覚症状がなく進行する病気です。
これは、毎日している歯磨きでも正しい方法で行われていないことが大きな原因です。
ブラッシングで病気を完全に予防することはできません。正しく磨けていないのであれば、ブラッシングの指導をしてくれます。

定期健診をしていると早期の虫歯や歯周病を発見することができます。
発見の早さによって治療方法が変わってきます。
歯の病気が進行した後に歯科医に通っても、細菌が他の部分にも移ってしまっていたり、歯が溶けてしまっていることがあります。
そうなると抜歯をしなければいけません。
抜歯をすると入れ歯やインプラントが必要になります。
定期健診で早期に発見していれば歯を抜かなくても良かったのに、まだ大丈夫だという自己判断で治療が送れると歯を抜くしかなくなってしまうのです。
もちろん治療方法が変わると治療費も変わるので、経済面にも影響が出てきます。

定期健診の平均費用は約3,000円

1回の定期健診にかかる費用は3,000円程度です。
高くても5,000円未満で十分な定期健診を受けられるところがほとんどです。
歯科医によって異なりますし、健診内容で変わってきますが、およそ2,000円~5,000円が相場です。
健診は時間が長くかかるわけではないので、忙しい人もそこまで大きな負担にはなりません。

定期健診の感覚は個人差がありますが、多くても3ヶ月に1回程度です。
年齢別の定期健診を受ける間隔の目安です。

未成年 長期休暇を利用した定期健診(1年で3回ほど)
20歳~30歳 3ヶ月~6ヶ月の定期健診(1年に2~4回)
30歳~40歳 3~4ヶ月の定期健診(1年に3~4回)
50歳以上 1ヶ月~3ヶ月の定期健診(1年に4回~)

あくまで目安ですが、一度定期健診にいくと状態を見て、どれくらいの間隔で健診を受けた方が良いか勧めてくれるでしょう。
歯周病の進行具合によっても変わってきます。

実は、定期健診を受けておいた方が安い?

どこも悪くないのに定期健診にお金を払わないといけないのは嫌だと思う人がいるかもしれません。
しかし、歯の病気が進行してから治療した方が、後から考えると高い出費になっていることが多くあるのです。
症状が悪化していればいるほど、高度で精密な治療が必要になっていきます。もちろん、そうなると治療費も高くなります。
最低限の治療で済んでいたことが、何回も治療に通って多額の治療費がかかってしまいます。
抜歯するということになれば精神的なショックもあります。
治療によっては長期に及ぶ場合があるので、結局時間の面でも長くなってしまうのです。
歯の異常に気づいてからいつも歯科医に通っている人は、一度定期健診に通った場合に必要な費用と比べてみてはいかがでしょうか。

定期健診をしてもらう歯科医の選び方

定期的に通うのであれば、信頼できる歯科医を選びたいですよね。
かかりつけの信頼できる歯科医があれば良いですが、これから選ぶ場合は予防歯科に力を入れている歯科医を選びましょう。
また、予防歯科は医師とのコミュニケーションが大切です。
きちんと丁寧に健診をしてくれ、アドバイスをくれる歯科医を選ぶと失敗を避けられるでしょう。
通いやすい地元にあって、口コミを聞きながら探してみると自分に合った歯科医が見つかるはずです。

まとめ

2011年8月に公布・施行された「歯科口腔保健の推進に関する法律」では「歯科検診を受ける努力義務」が課されています。
定期健診の取り組みが広がり、20歳や30歳、40歳など節目の歳に多くの自治体が定期健診を実施しています。
検診以外の治療や歯石除去は費用がかかりますが、健診は無料や少額で受けられるので、定期健診に通うきっかけにしてみても良いかもしれません。

PAGE TOP