お問い合わせはこちらまで
       

お電話でのお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

歯周病と虫歯の予防方法は違うのでしょうか?|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック

歯周病と虫歯の予防方法は違うのでしょうか?

口の中の病気は歯周病と虫歯が大半を占めています。
同列に語られることも多い歯周病と虫歯ですが、同じ病気ではありません。
病原体の種類は違いますし、病気の成り立ちも異なります。
歯周病と虫歯が発症する過程の違いや治療方法、予防方法について詳しくご説明していきます。

歯周病と虫歯の違い

歯周病は、歯を支える周りの組織にダメージを与える病気です。
歯肉や歯を支える骨が細菌によって蝕まれていきます。
この細菌とは「嫌気性菌」という空気に直接触れないところで増殖する菌です。

一方で虫歯は、細菌が歯そのものを溶かしていく病気です。
歯周病と異なり「好気性菌」という空気に触れているところで繁殖する細菌であり、歯の表面でどんどん増殖していきます。

つまり、歯周病は「歯茎の病気」であり、虫歯は「歯の病気」なのです。
そして、大きな違いは症状にあります。虫歯は痛みを感じる病気ですが、歯周病に痛みはありません。
歯周病は、気づいたときには進行が進み、症状が悪化して歯が抜け落ちてしまうことがあります。
そのため、治療方法もそれぞれ異なってくるのです。

歯周病と虫歯の治療方法の違い

初期の虫歯であれば、きちんと歯磨きをすることで治ることがあります。
しかし、冷たいものにしみるようになったり、痛みが始まると、歯を削って詰め物をして治療しなければいけなくなります。
神経まで虫歯が進行していると、神経を除去する根管治療に変わります。
歯が溶けてなくなっている場合は抜歯をして、入れ歯やインプラントで対応しないといけない場合もあります。

一方で歯周病は、軽度の症状であれば歯周ポケットからプラークを除去するスケーリング・ルートプレーニングで治療をします。
症状が進むと歯茎を切開するフラップ手術や骨と歯茎を再生させる再生療法を行わなければいけません。
再生療法には歯ぐきを切開してプラークを除去したあとに歯ぐきの上皮の下に人工膜を入れ、歯周組織の再生を促すGTR法や、欠損部分に薬剤を入れ、歯周組織の再生を誘導するエムドゲイン法などがあります。

このように、歯周病と虫歯は病気の成り立ちが違うので、治療方法も異なります。
それでは、それぞれの予防方法について説明していきましょう。

歯周病と虫歯の予防方法について

実は、歯周病と虫歯の予防方法は同じです。毎日の歯磨きが歯周病・虫歯の予防方法になります。
正確には、虫歯は歯の表面に付着するプラーク、歯周病は歯周ポケットなどにたまったプラークが原因となりますが、それは綺麗に歯磨きすることで予防に繋がります。
プラークは歯石となると歯磨きで除去するのは難しくなります。歯石は歯周病の原因となります。
そのため、定期的に歯科医で検診をすることが最も効果的な予防方法です。
歯石は歯科医院でしか除去できないので、放っておくと歯周病を引き起こします。

つまり、正しい歯磨き方法を知ることが歯周病と虫歯の予防です。
基本的な歯磨き方法についてもご紹介しておきます。

  • 力を入れ過ぎずペンを持つような感覚で磨く
  • 長期間同じ歯ブラシは使用しない
  • 順番を決めて磨き残しをなくす
  • 歯ブラシは斜め45度に当てる
  • 前歯の裏は歯ブラシを縦に入れる

毎日歯磨きをしていると、自分の磨き方を振り返ることがありません。
しかし、意外と磨き残しがあるものです。
健康な歯を保つために、もう一度正しい歯磨きを思い出してみませんか。まずは基本の5つのポイントをチェックしてみましょう。
きちんと歯磨きをしているつもりで歯の表面はプラークを除去できていたけれど、歯茎周辺のプラークは残ってしまっていて歯周病を引き起こすなんてこともあるのです。
特に奥歯の隙間は磨き残しの多い箇所なので注意して磨きましょう。

虫歯・歯周病を防ぐ歯ブラシの選び方

歯ブラシの選び方は、歯茎の強さによって変えましょう。
歯茎の強い人は普通、弱い人は柔らかい素材を選びます。
歯茎を傷つけないように毛先が加工されているものが良いでしょう。
ポイントはきちんと奥まで届くか、持ち手がフィットするかです。
歯ブラシの交換時期は約1ヶ月です。ブラシ部分が開いている歯ブラシは買い替えましょう。
補助用具としてデンタルフロスや歯間ブラシ、タフトブラシを使うと、磨きづらい歯と歯の間や溝の部分の歯垢を落とすことができます。
どうしても時間をかけて磨くのが面倒だという人は電動歯ブラシを使って短時間で磨くのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
多くの人が悩む歯周病・虫歯はこのように引き起こされます。
そして、どちらも予防方法には日々の歯磨きが大切です。
特に、歯周病は自覚症状がないので注意が必要です。
大事な歯を抜歯しなければいけないのは、精神的にも経済的にも負担が大きいことです。
正しい歯磨き方法を知って、虫歯や歯周病のない健康な歯をつくっていきましょう。

PAGE TOP