お問い合わせはこちらまで
       

お電話でのお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

治療した歯(被せ物等)は、また虫歯になる!?|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック

治療した歯(被せ物等)は、また虫歯になる!?

虫歯は日本人の90%以上が経験していることです。歯の悩みで最も多いのが虫歯と言っても過言ではありません。
虫歯が進行すると痛みを感じ始めて、さらに進行して神経に達すると、神経を取る治療をしなければいけません。
たかが虫歯といってそのままにしておくと、どんどん広がっていきます。
虫歯の治療は被せ物、詰め物の処置をしたり、場合によっては抜歯しなければいけません。
治療が終われば一安心ですが、それで安心してしまって果たして大丈夫なのでしょうか。
実は、治療をした歯が再び虫歯になることもあるのです。

そもそも、なぜ虫歯になるの?

虫歯は、歯の表面を覆っている歯垢に生息する虫歯菌が、歯に残った食べかすと混ざり合うことで歯を溶かし始めます。
歯磨きを怠っていると歯垢がどんどん成長していき、虫歯菌が繁殖して歯を溶かす酸が増えていきます。
虫歯になるとあなたの大切な歯をどんどん溶かしていくのです。
歯磨きを毎日していてもこんな人は虫歯になりやすい特徴があります。

食事の回数が多い人

食事中は口の中が酸性になっている時間が長くなり、歯の溶けやすい状態が続きます。
結果として、虫歯になりやすくなっています。
そして、食事の回数が多いとプラークが溜まりやすく、虫歯に繋がることがあります。

間食が多い人

間食の数が多く、糖分の多いものをたくさん食べる人は、歯が溶ける時間や回数も増えていき、虫歯が進行していきます。

唾液の分泌量が少ない人

唾液の分泌量が少ないと虫歯菌が歯を溶かすのを食い止められなくなります。
食後は唾液によって酸性になっている口の中を中性に戻します。
つまり、唾液の量が減ると虫歯になりやすくなるのです。

虫歯の予防としては、毎日のホームケアと歯科医院での定期健診しかありません。
フッ素を使って歯質を強化し、よく噛むことで唾液の分泌は上がります。
また、日々の食生活をバランスよく摂取することで虫歯のリスクを抑えることができます。

治療した歯が再び虫歯になるって本当?

被せ物や詰め物によって治療した歯にも天然歯との間に境目があります。
治療した歯は天然歯ではないので、虫歯にならないと思っている人がいますが、決してそうではありません。
被せ物の隙間に溜まったプラークから再び虫歯になることがあります。
治療後の歯が虫歯になるのは、主にこのような理由です。

詰め物の隙間に生息するラクトバチラス菌

ラクトバチラス菌は詰め物の隙間や虫歯の穴などに多く生息する細菌です。
食べ物に含まれる糖や炭水化物を与えると強い酸を作り、歯を溶かしていきます。
糖分の多い食べ物やジュースを飲むことで、繁殖していく細菌です。

詰め物や被せ物が破損した場合

詰め物や被せ物で治療をしたとしても、耐久性は絶対ではありません。
硬いものを噛んだ時の衝撃などで亀裂が入ったり、割れてしまったりすることがあります。
すぐに気づいて修復治療をすれば問題ありませんが、気づかずにほったらかしにしてしまうと、隙間から虫歯菌が繁殖していきます。
保険治療で使用するような白い詰め物や金属の詰め物・被せ物は劣化しやすい材料なのでどうしても時間が経つと劣化が始まります。

詰め物の内部で虫歯になる場合

虫歯の部分を削り取って治療をしても 虫歯菌がすべてなくなったとは限りません。
肉眼のレベルでは虫歯菌がなくなっていても、組織の中に虫歯菌が入り込んで残る場合があります。
そのため、治療した歯であっても内部で虫歯になっていたり、治療後に痛みが出てくることがあるのです。

治療後の虫歯を防ぐために

治療後に再び虫歯になるのを防ぐためには日々のケアをするしかありません。
歯科医院に相談しながら、自宅で予防や対策を行います。

歯科医院で出来ることは定期的な歯のチェックとクリーニングです。
どのように家でケアしたら良いかも教えてくれるはずです。

  • 定期診療による歯のチェック
  • 歯のクリーニング
  • 歯磨きなどの効果的な方法を教わる

家で出来ることは歯磨きだけではありません。デンタルフロスや歯間ブラシを併用すると効果的です。
詰め物・被せ物の破損に気づいたらすぐに歯科医院で修復をしてもらうようにしましょう。

  • デンタルフロスや歯間ブラシで歯と歯の間を掃除
  • 染め出し剤を使用すると磨き残しが確認できる
  • 詰め物、被せ物の破損はすぐに歯科医院へ

まとめ

虫歯は治療が終わったからといって安心できるものではありません。
プラークコントロールができていないと、治療した歯から虫歯を引き起こすことがあるのです。
虫歯になりやすい食生活を送っている人は改善が必要です。
そして、歯科医院へ定期的に通い、自宅で丁寧なケアをすることで、虫歯の再発症予防となります。
治療後の歯も天然歯と同様に綺麗な状態を保ちましょう。

中林デンタルケアークリニックでは、定期的なメンテナンスを推奨しております。
子どもの方から大人の方まで、お気軽にまずはお電話ください。

PAGE TOP