お問い合わせはこちらまで
       

お電話でのお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

タバコが歯周病に悪いと言われる理由とは?|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック

タバコが歯周病に悪いと言われる理由とは?

歯周病は、歯垢による細菌によって生じる炎症のことです。
歯と歯肉の境目に細菌が停滞して、歯肉が腫れてきたりします。
痛みがほとんどないことから、気づいた時には歯周病が進行していることがあります。
歯周病が進行すると歯と歯肉の境目が深くなっていき、歯の土台が溶けてしまいます。
そうなると、歯が抜け落ちてしまったり、抜歯しなければいけないことになってしまいます。
30歳以上の成人の約80%がかかっていて、歯の喪失原因の第1位となっているのが歯周病です。
歯周病の予防は、歯磨きによる日々のケアが大切なのですが、実は喫煙とも密接な繋がりがあるのです。

タバコは病気になりやすい!?

喫煙者は吸わない人に比べておよそ3~6倍も歯周病になりやすいというデータがあります。
そして、喫煙歴や日々の本数が多ければ多いほどその確率は高くなると言われています。
タバコには3大有害物質と呼ばれる「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」が含まれています。
その他にも、4,000種以上の化学物質や200種以上の有害物質、50種以上の発がん性物質を含んでいます。
身体の免疫を下げるタバコは病気になりやすく、病気になっても治りづらくなります。
歯周病だけでなく、癌や肺気腫、喘息などの病気になりやすいことは、広く知られていることです。
喫煙を続けることで、病気になりやすい身体になってしまうのです。
なぜ、タバコは歯周病になりやすいのでしょうか?

タバコと歯周病の関係とは?

タバコは口臭だけでなく、口腔内・身体に悪い影響を及ぼします。
喫煙は、どのように歯周病を引き起こすのでしょうか。

タバコに含まれる有害物質は唾液の分泌量を減少させる

タバコに含まれているニコチンなどの有害物質は、唾液の分泌量を減少させます。
唾液の分泌量が減少すると、歯垢が付着しやすくなり、歯周病になりやすくなるのです。

喫煙者は歯周病に気づきづらい

喫煙者はニコチンの作用により、歯肉の炎症に気づきづらいという特徴があります。
歯肉が硬くなってしまうことで出血がなく、歯周病の症状に気づかないまま歯の土台が溶けてしまいます。
気づいたときには抜歯しなければいけない状態になっているのです。

タバコは口腔内に栄養分が行き届かなくなる

喫煙によって血流の低下を引き起こし、体内の酸素不足や口腔内の栄養失調に繋がる恐れがあります。
歯周病菌は酸素を嫌います。その酸素が不足することで細菌が繁殖しやすい環境をつくってしまいます。
そして、栄養分が行き届かないと、歯や歯肉が弱りやすく、歯周病にかかるリスクも高まります。

歯肉を修復する働きが落ちてしまう

ニコチンによって歯肉を修復する「線維芽細胞」の働きを抑制されてしまいます。
そのため、喫煙者は歯周病になりやすいだけでなく、歯周病が治りづらいという特徴があります。
歯周病になっていじょう状態で喫煙を続けると、どんどん症状を悪化させてしまうのです。

歯周病のリスクを低下させるために禁煙を!

禁煙によって歯周病が治るわけではありませんが、適切な治療と組み合わせることで治癒効果が上がり改善へ導きます。
早く歯周病を治したいのであれば、早く喫煙をやめることです。
また、歯周病になっていない人は歯周病のリスクを低下させ、歯周病だけでない様々な病気の予防に繋がります。
禁煙は自分で出来る有効な予防、治療対策なのです。
病気以外にも口臭や味覚の改善といった変化もあるので、多くのメリットが期待できます。
喫煙が歯周病に悪いと分かっても、禁煙できない場合はどうしたらよいのでしょうか。

これで遂にやめられる!有効な禁煙方法とは?

喫煙はニコチン依存やそれに伴う疾患を引き起こします。
タバコを吸い続けることは、喫煙病という病気の一種です。つまり、患者として定義されるようになったのです。
近年では、病院で禁煙外来を受けられるようになりました。
自分で喫煙をやめられない人は、病院で健康保険による禁煙治療が可能です。
病院での治療は、ニコチン代替療法と経口補助薬があります。
禁煙治療では12週間で5回の治療を受けます。約1万円~2万円程度で治療できるため、タバコを購入する金額を治療費にするという考えで、禁煙治療でタバコをやめる人が増えています。
また、ニコチンガムやニコチンパッチは薬局でも購入できるようになり、禁煙が以前に比べて身近なものになりつつあります。

まとめ

このように、タバコによって歯周病になるリスクが高まり、歯周病が治りづらくなります。
タバコに含まれる有害物質には歯周病だけでなく、様々な病気と繋がりがあります。
喫煙は病気だという意識を持って、禁煙に臨む覚悟が必要です。
健康な身体を保つために、今は禁煙外来で治療が受けられるようになりました。
今喫煙をしている人は、将来の健康を考えて禁煙を検討してみてはいかがでしょうか。

中林デンタルケアークリニックでは、歯周病の治療も行っております。
お困りのことがありましたら、ご相談ください。

PAGE TOP