お問い合わせはこちらまで
       

お電話でのお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

歯医者さんで成人病の予防ができるの?その1|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック

歯医者さんで成人病の予防ができるの?その1

~歯科医院は変わろうとしている~

虫歯と歯周病はバイオフィルムがひきおこすことを前々回のブログで書きましたが、
このバイオフィルムを構成する菌が全身疾患をひきおこすことが明らかになりつつあります。
バイオフィルムをながい期間放置したままにしておくと、
菌が歯ぐきの血管に潜り込んで血液とともに全身の臓器に運ばれます。
また炎症を起こした歯ぐきの中で作られたケミカルメディエイターという成分も全身に広がります。
この悪玉菌とケミカルメディエイターが病気を誘発し最悪の場合は死亡に至ることわかってきました。

‘‘Floss or die?‘‘

この標語は1998年、米国歯周病学会が歯周病は心臓疾患、脳血管障害、肺炎、糖尿病、低体重児出産の原因になるという論文
を公表、センセーショナルなタイトルとして医療の世界に知られるようになりました。
歯ブラシやデンタルフロスを使い口の中を清潔にして健康な毎日を過ごしますか?
それとも口のケアーを怠けて病気にかかって死にますか?
という意味と考えられます。

今後、歯科医院は虫歯や歯周病などの口腔内の病気にとどまらず、
全身疾患の発症をコントロールする(特に高齢者)という大きな役割を持つことになります。
全身疾患との関連について具体的なイメージは次回のブログで書かせていただきます。

[川崎市中原区 武蔵中原の歯医者なら中林デンタルケアークリニック]

PAGE TOP