お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7300-2174

再診・その他のお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

熟年世代の予防歯科|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック
中林デンタルケアークリニックへのアクセス
お問合せ

院長ブログ

スタッフブログ

スタッフ募集

クレジットカード決済について

2017年9月診療スケジュール

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年10月診療スケジュール

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2017年11月診療スケジュール

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※背景グレーが休診日になります

熟年世代の予防歯科

めざせ8020

『80歳までに自分の歯を20本残そう』

これが現在、歯科医療関係者の間で薦められている『8020運動』です。

人間は最低20本の歯が残っていれば食生活を楽しむことができると言われています。
急速に高齢化社会が進んだ日本では各方面から強い関心を寄せられています。
現実では80歳の日本人の歯の保有本数は 平均して約9本という現状です。

一方、予防歯科先進国であるスウェーデンでは80歳で平均残存歯数は25本で『8025』を達成しています。
80歳で20本の歯を保有する人は日本人の3倍以上で、自分の歯で不自由無く食生活を送ることができる人が多数います。

この違いはどの様な理由があるのでしょうか?

歯科医院で受ける定期健診とメインテナンスの受診率をみますとスウェーデンでは90%に対して日本ではわずか2%という報告があります。
歯の定期管理を継続することにより、高齢者であっても自分の歯を失うこと無く生活を送ることが可能なのです。

そして上のグラフから判るように定期管理により歯の喪失を約8本も防ぐことができるのです。
生涯自分の歯で不自由無く生活を送ることも可能です。

これからは歯科医院は痛くなってから、あるいは歯を失って困ってから行くのではなく歯を失うことことなく、口の中をより健康に、より美しくなるために定期的にいくという意識の変換が必要です。

そして正しい定期管理を実践している歯科医院を選ぶことが、豊かな熟年ライフスタイル送ることの基本となります。

PAGE TOP