お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4939

再診・その他のお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

歯周病はどんな症状が出たら注意?|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック

クレジットカード決済について

お問合せ

院長ブログ

スタッフブログ

スタッフ募集

Epark

2018年04診療スケジュール

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2018年05診療スケジュール

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2018年06診療スケジュール

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018年07診療スケジュール

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

歯周病はどんな症状が出たら注意?

歯周病は、進行すると歯を失う恐れのある病気です。しかし、ある日突然重度の症状が出るわけではありません。歯周病から歯を守るためには、少しでも症状に気がついたら、早めに受診し対処をする事が大切です。 今回は、歯周病とは一体どのような病気か、どのような症状が現れるのかを詳しく解説していきたいと思います。

1. 歯周病とは

歯周病とは、成人の約8割が罹患している、もしくはその予備軍だといわれる罹患率の高い病気です。そして、進行すると歯を失う恐れのある病気です。 歯周病菌が感染し繁殖すると、毒素を出し、歯ぐきや歯槽骨(歯を支える骨)を破壊していきます。はじめは歯ぐきの腫れや少量の出血などがみられる程度ですが、進行すると歯槽骨が大きく溶かされて、支えきれなくなった歯は抜け落ちてしまいます。

2. 歯周病はサイレントディシーズ

歯周病は、サイレントディシーズ“静かなる病気”だといわれます。サイレンとディシーズといわれる所以は、「歯周病は痛みなどの自覚症状が出にくい」という特徴からです。痛みが出るようになる頃には、歯周病が重度にまで進行している可能性が高く、場合によっては、歯を残す事が難しい場合もあります。 歯を失うような事にならないためには、歯や歯ぐきに少しの異常や違和感を感じたら、早めに受診をする事が大切です。自覚症状が出にくい歯周病ですが、よく注意するようにすれば、歯周病初期のわずかな異常に早めに気がつき、早めに治療を開始する事ができます。

3. 歯周病の進行と症状

歯周病は、徐々に進行していく病気です。突然痛みが出るほど重度の歯周病になるわけではありませんので、進行が初期の段階に気がつく事が大切です。歯周病の進行とその症状について、詳しく解説したいと思います。

(1) 歯肉炎

炎症が歯ぐきに限局している状態です。歯ぐきの腫れや歯ぐきからの出血がみられます。まだ歯槽骨は溶けていないので、この時点で注意すれば、歯ぐきの炎症を抑え、歯周病が進行するのを防ぐ事ができます。 歯磨きをした後、歯ブラシの毛に血が滲んでいる場合や、口をゆすいで吐き出した水に血が混じっている場合には、歯ぐきのどこかに出血がある可能性があります。鏡で歯ぐきをみた時に、歯ぐきの縁が赤くぷっくりと腫れている場合にも注意が必要です。

(2) 軽度歯周病初期

炎症が少し大きくなり、歯槽骨が影響を受け始めた状態です。歯肉炎と同様に、歯ぐきの腫れや歯ぐきからの出血がみられます。まだ痛みはありません。歯がしみる症状がみられる事もあります。 歯と歯ぐきの境目に“歯周ポケット”が出来始めるため、歯周病菌が歯周ポケット内で繁殖しやすくなります。繁殖した細菌によって、口臭も出始めてきます。歯石も付着しやすくなっているので、歯科医院でポケット内の細菌の除去、歯石の除去を行い、歯周病の進行を予防する事が必要でしょう。

(3) 中等度歯周病

さらに炎症が進み、歯槽骨が半分程度溶かされた状態です。歯ぐきの腫れや出血は引き続きみられます。歯がしみる事や、指で押すと多少歯がぐらつく事があります。硬いものを噛んだ時に、歯が痛むような感じや、歯が浮いたような違和感を感じる事があります。しかし、ここまで進行しても、まだ痛みがでていない事も多いのが実際です。

(4) 重度歯周病

炎症が大きく進み、歯槽骨のほとんどが溶かされてしまった状態です。歯ぐきの腫れや出血がみられ、膿がでてきます。歯がグラグラと動くようになり、噛んだ時に強い痛みを感じるようになります。歯周組織の腐敗臭や、歯周病菌から発せられる臭い、膿の臭いが混じって、強い口臭になります。 ここまでくると歯を残せない事も多くなります。

4. 歯周病を発見するために注意するべき症状のポイント

歯周病の症状を軽度のものから挙げていきたいと思います。少しでもこれらの症状に当てはあるものを感じたら、早めに受診をする事が大切です。注意していないと見逃してしまう症状もあります。毎日の歯磨きの時に、鏡を見るなどして、チェックをする習慣をつけると良いでしょう。

<歯周病の症状>

  • 歯ぐきが赤く腫れる
  • 歯ぐきから血が出る
  • 歯石が付く
  • 歯ぐきが下がってきた
  • 口臭がする
  • 歯ぐきから膿が出る
  • 歯ぐきが腫れて痛くなる
  • 噛むと痛みがある
  • 歯がグラグラと揺れる

5. 歯周病は予防が大切

歯周病は、痛みなどの自覚症状が出る頃には、既に歯周病は重度にまで進行している可能性が高くなります。どんな症状でも気がついたら早めに受診をする事と、症状が出る前に、日頃から歯周病予防を行う事が大切です。 歯周病予防には2つのポイントがあります。「定期検診・クリーニング」と「毎日の丁寧な清掃習慣」です。毎日の習慣によって、歯周病にかかりにくい口腔内の環境を作る事ができます。自分では除去しきれない汚れは定期的に歯科医院でクリーニングを行うようにしましょう。

6. まとめ

いかがでしたでしょうか。歯周病は、痛みなどの自覚症状が少ない病気です。しかし、歯周病に罹患する人はとても多く、歯を失う原因ともなります。何らかしらの歯周病の症状に気がついたら、早めに受診をするようにしましょう!

PAGE TOP