お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4939

再診・その他のお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

虫歯だらけで歯医者さんに怒られる気がして中々いけないのですが|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック

クレジットカード決済について

お問合せ

院長ブログ

スタッフブログ

スタッフ募集

Epark

2018年8月診療スケジュール

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

※背景グレーが休診日になります

2018年9月診療スケジュール

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※背景グレーが休診日になります

2018年10月診療スケジュール

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※背景グレーが休診日になります

2018年11月診療スケジュール

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※背景グレーが休診日になります

2018年12月診療スケジュール

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

※背景グレーが休診日になります

虫歯だらけで歯医者さんに怒られる気がして中々いけないのですが

虫歯を放置してしまっている方の心理のひとつに「こんな虫歯の状態で歯医者にいったら、怒られるのではないか」というものがあると思います。確かに、虫歯を放置しているのは、良くありませんので、叱られる事はあるかもしれません。しかし、そんな理由で虫歯を放置するのは、とても危険です。虫歯は放置すると深刻な事態になる事もあるのです。

1. 虫歯は自然には治らない

虫歯は自然に治る事はありません。ごく初期の穴が空く前の状態であれば、進行せずに済む事もありますが、穴が開いてしまったら、治療をしない限り進行していきます。虫歯は、早めに治療をすればそれだけ、治療期間も短くて済みますし、治療費用も安く抑えられますから、早く治療を始めるほどメリットがたくさんあります。治療が遅くなれば、歯を失う可能性も出てきますし、そうでなくても歯の寿命を縮めてしまう事になります。

2. 虫歯の進行と治療方法について

虫歯の治療は、基本的には、虫歯になってしまった部分を削り取り、人工物で補う治療になります。ただし、虫歯が進行して歯の神経にまで到達してしまったり、歯のほとんどを失うほど虫歯により歯質が侵されてしまっている場合には、その限りではありません。

(1)C1 歯のエナメル質の部分が侵され、歯に小さな穴が開いている
ほとんど痛みは感じなく、まれに冷たいものがしみる状態です。虫歯の部分を削って、詰め物をします。虫歯の発見が早ければ、虫歯の部分を削って、穴が空いた箇所に白い樹脂を詰める治療をします。この治療であれば、その日のうちに治療が終わります。少し虫歯が大きくなっている場合には、詰め物を作製するための型取りをし、次回来院時に装着します。
痛みがほとんどないこの時点で治療をすれば、簡単な治療で済みます。

(2)C2 虫歯がエナメル質の下の象牙質にまで進行し、冷たいものがしみ、痛む事がある
神経に近い象牙質にまで虫歯が進行しているので、治療をする際には、麻酔をして治療を行います。虫歯の部分を削り取り、型取りをして、次回来院時に詰め物をします。

(3)C3 虫歯が神経にまで達し、ズキズキと痛む
虫歯が神経にまで達している場合には、神経を取る治療を行います。虫歯の部分を削り取った後、神経の治療ができるように、歯の根の入り口まで削って穴を広げます。神経を取り除き、神経のあった管の中を消毒します。歯の根の消毒には数回の来院が必要です。中がきれいになったら、最終的な薬を詰め、歯の土台を装着させ、最終的に被せ物を装着します。土台や被せ物は型取りが必要ですので、治療回数は歯の根の治療も合わせると、最低でも5回になります。神経にまで虫歯が到達してしまうと、精神的にも肉体的にも金銭的にも負担になるといえます。

(4)C4 虫歯が進行して歯の根だけが残されている
この状態になると、歯を残せない可能性も出てきます。歯が残っている量が多ければ、歯の根の治療を何度か行い、根の先や根の中の感染を取り除く事ができれば、保存する事が可能な場合もあります。残されている歯が少ない場合には、抜歯になります。抜歯後は、「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」などの治療を行い、歯の機能を取り戻す必要があります。

3. 虫歯の痛みが消えても安心してはいけない

虫歯のズキズキとした痛みが消えると、安心してしまう人がいます。しかし、虫歯の痛みが治まったからといって、虫歯が治ったわけではありません。一度強く痛んだ後、痛みが消えたという事は、虫歯により歯の神経が完全に死んでしまった状態だといえます。

神経が死んでしまった後も、虫歯は進行し続けます。歯の根の先に膿が溜まるようになり、しばらくすると以前よりも更に強い痛みや大きな腫れが起きる可能性があります。

4. 虫歯を放置し続けると危険!

虫歯の痛みが無くなった後も放置し続けると、危険な状態になる場合もあります。まれなケースではありますが、虫歯の細菌が、歯ぐきや顎の骨から、毛細血管を辿って血液中に入り込み、全身に感染が広がってしまう事もあり、命に関わる事もあるのです。

・ 上顎洞炎
上顎洞とは、顔の骨の中にある空洞のひとつで、上の奥歯の上方あたりに位置しています。上の奥歯の根の先ととても近い場所に位置しているので、歯の根の先に溜まった膿が、上顎洞に流れて溜まり、炎症を起こしてしまう事があります。大きく顔が腫れてしまったり、顔面全体に痛みが出る場合があります。

・ 骨髄炎
炎症が、歯の根の先から広がり、顎の骨にまで波及した状態です。強い痛みや発熱、寒気、嘔吐など辛い症状が現れます。治療には、入院が必要になる場合もあります。

・ 心筋梗塞、脳梗塞
細菌が、血液中に入り込み、全身に広がると、心筋高速や脳梗塞を起こす恐れがあります。通常はここまでの状態にはなりにくいですが、極端に抵抗力が落ちている場合や、高齢の方は注意が必要です。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。虫歯は、放置すればするほど、症状は重くなり、治療にも負担がかかります。放置し続けると、場合によっては危険な状態になる事もあります。「怒られるのではないか」そのような理由で、放置するのは、とても無謀です。できるだけ早めに受診をする事は、とても重要なのです。 受診をすると、虫歯を放置した事で、叱られる事はあるかもしれませんが、一生使うお口を健康にするために“注意をしてくれているのだ”と考えるようにすると良いですね。

PAGE TOP