お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4939

再診・その他のお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

歯医者さんは予約無しでいってもいいのでしょうか。予約をしない場合どのようなデメリットがありますか|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック

クレジットカード決済について

お問合せ

院長ブログ

スタッフブログ

スタッフ募集

Epark

2018年8月診療スケジュール

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

※背景グレーが休診日になります

2018年9月診療スケジュール

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※背景グレーが休診日になります

2018年10月診療スケジュール

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※背景グレーが休診日になります

2018年11月診療スケジュール

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※背景グレーが休診日になります

2018年12月診療スケジュール

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

※背景グレーが休診日になります

歯医者さんは予約無しでいってもいいのでしょうか。予約をしない場合どのようなデメリットがありますか

「歯が痛いから予約をしていないけど受診したい」「予約をするのが面倒だ」そのような場合、予約無しでいっても良いのでしょうか。
今回は、今すぐ歯医者さんに行きたい場合どのようにしたら良いか。なぜ予約が必要なのかを詳しく解説したいと思います。

1. 歯医者さんはなぜ予約が必要なのか

歯科医院は基本的に予約制になります。なぜ予約制が多いのか。それには理由があります。

(1)治療時間をしっかり確保する必要がある

歯科医院では、虫歯治療・歯周病治療・審美歯科治療・矯正治療・定期検診・クリーニング・インプラント治療など様々な治療が行われます。治療内容によって治療にかかる時間が異なり、治療をするためには、必要な時間を十分に確保する必要があります。

治療には歯科医師がかかりきりになる事も多く、付くスタッフや診療台も確保しなくてはなりません。スムーズに治療を進めていくためには、予約制である必要があるのです。

(2)歯科治療は計画的に進めるものが多い>

歯科治療は、治療を行う前に、予め治療方法や効果、メリットとデメリットを患者さんに説明の上、一緒に話し合い治療内容を決めていくインフォームドコンセントを取り入れています。計画的に治療を進めていくので、予約制の方が、効率が良いといえます。

治療内容によっては、次回の予約までの間に歯科医師や歯科技工士が、治療に必要な物を作製する場合があります。被せ物や詰め物、マウスピースなどが挙げられます。予約制を取り入れているので、予め計画をもって必要な歯科部品を作製する事ができます。

(3)治療の準備や片付けに時間を要する

2.予約をしない場合のデメリット

(1)予約の患者さんが優先になるので待つ事になる

予約の患者さんが居る場合、予約の患者さんが優先になります。予約の患者さんが決まった時間にきちんと治療が受けられるように、予約無しの方は、空いた時間に治療を行います。

よって、待ち時間が長くなってしまう事はやむを得ません。なかなか治療の順番がまわってこない場合もありますし、治療中も、途中で歯科医師やスタッフが予約の患者さんのために抜ける事もあります。

(2)治療は応急処置になる

予約無しの場合は、予約の患者さんの合間に処置を行うので、十分に治療時間を確保でする事が難しく、基本的に応急処置になる事が多いです。

3. 急な痛みで辛い場合はどうすればいいの?

予約制とはいっても、急な痛みで辛い場合には、急患として受診する事ができます。痛みで辛い時には、できる限り対処するので安心して大丈夫です。ただし、予約の方は優先なので、時間が空くまで待ちましょう。

突然、飛び込みで受診するよりは、「痛みが辛いから今日受診したい」旨を一度電話で連絡した方が確実です。当日キャンセルなどで空いている時間があれば、入れてもらう事が可能ですし、歯科医院でも予め急患を受け入れる準備ができます。

4. 予約のマナー

(1)遅刻をしないように早めに来院

十分に治療時間を確保できるように、決められた時間予約をしています。遅刻しないようになるべく早めに来院するようにし、やむを得ず遅刻をする時には電話連絡をするようにしましょう。

(2)予約の変更は早めに

やむを得ない事情で予約の変更をする場合には、できるだけ早めに連絡をするようにしてください。予約が入っていると、その日に合わせて次回の治療の準備を進める事がありますし、他に希望する方が居た場合に予約ができなくなってしまいます。

(3)無断キャンセルは絶対にしない

最低限のマナーとして、無断キャンセルは絶対に止めましょう。歯科医院では、予約の患者さんのために時間を確保し、治療の準備をして待っています。やむを得ない事情で行けない場合には、必ず連絡をするのがマナーです。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。
歯医者で予約が必要な理由、予約をしない場合のデメリット、予約のマナーについてまとめたいと思います。

歯医者で予約が必要な3つの理由
(1) 治療時間をしっかり確保する必要がある
(2) 歯科治療は計画的に進めるものが多い
(3) 治療の準備や片付けに時間を要する

予約をしない場合の2つのデメリット
(1) 予約の患者さんが優先になるので待つ事がある
(2) 治療は応急処置になる

予約のマナー
(1) 遅刻をしないように早めに来院
(2) 予約の変更は早めに
(3) 無断キャンセルは絶対にしない

歯急に痛みがひどくなった場合など、緊急の場合には、予約無しでも受診可能ですが、基本的には予約制になりますので、予め電話をするようにしましょう。予約の患者さんの合間に診る形になるので、待つ事が多いのはやむを得ません。歯科医院が予約制であるのは、歯科医院にも患者さんにとっても、その方都合が良いからです。予約のマナーを守り、歯科受診をするようにしましょう。

PAGE TOP