お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4939

再診・その他のお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

痛くもないのに、歯医者さんで「虫歯がある」と言われました。治療の必要はあるのですか?|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック

クレジットカード決済について

お問合せ

院長ブログ

スタッフブログ

スタッフ募集

Epark

2018年04診療スケジュール

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2018年05診療スケジュール

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2018年06診療スケジュール

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018年07診療スケジュール

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

痛くもないのに、歯医者さんで「虫歯がある」と言われました。治療の必要はあるのですか?

川崎市武蔵中原の歯医者さん中林デンタルケアークリニックです。今回は、歯が痛くないのにも関わらず歯医者さんで「虫歯がある」と言われた場合、治療をするべきかどうか、についてお送りいたします。

歯医者さんで「虫歯がある」と言われた場合でも、痛みが無いと、「本当に治療が必要なのか」と疑問に思う事もあるかもしれません。そんな時に治療が必要であるかを考えていきたいと思います。

1. 痛みが無くても治療が必要な場合がある

痛みが無くても「虫歯がある」と言われた場合は、治療をする必要があります。虫歯は、初期の段階では、痛みがありません。しかし、虫歯は一度歯に穴が開いてしまうと、自然に治る事はありません。必ず治療が必要になります。治療の開始が遅れれば、それだけ治療も大掛かりなものになり、歯を削る量も増え、治療費もかさみます。
できるだけ早期に虫歯を発見し、早期に治療を進める事が、歯を長く健康に保つためにとても重要なのです。

痛みが無い歯について、虫歯の必要があると言われた場合、不安があれば、遠慮せず質問をしましょう。虫歯の箇所を鏡などでチェックさせてもらえる場合があります。虫歯の場所によっては、目視できないような箇所もありますので、歯科医師の説明を聞き、歯の状態を知っておくと良いですね。

2. 虫歯の進行と痛みの症状

痛みが無いと、自分の歯は大丈夫だと思ってしまいがちです。虫歯は、進行状態によって、痛みの程度が異なります。虫歯の進行程度とその症状について知っておきましょう。

(1)CO(シーオー)
初期虫歯と言われる状態です。表面のエナメル質が溶け始める状態で、歯質が白濁する事や、少し茶色っぽく見える事があります。痛みはありません。まだ“虫歯の穴は空いていない”状態です。穴が空いていないので、まだ治療をする必要はありません。適切な歯磨きや、フッ素塗布を行う事で、唾液の再石灰化作用により、溶け始めた歯質が石灰化し修復される事があります。

(2)C1
初期段階の虫歯です。歯の一番表層のエナメル質が溶け始めます。歯の表面に穴が空き、黒っぽい色をしています。痛みはほとんどありませんが、冷たいものを飲んだ時にしみる事があります。この段階で気がつき、治療をする事ができるのが良いといえます。

(3)C2
虫歯が、エナメル質の下の層の象牙質にまで進行した状態です。冷たいものがしみる事や、温かいものを食べた時に痛む事があります。象牙質は、エナメル質と比べて軟らかく、虫歯の進行も早いので、虫歯がもっと深く進行する前に、できるだけ早く治療をする必要があります。

(4)C3
虫歯が、象牙質の下の神経にまで進行した状態です。何もしなくてもズキズキとした痛みがあり、耐えられない程辛い痛みになる事があります。痛みが強いので、ここまで来ると、ほとんどの方が歯科受診をする事と思いますが、この状態になると神経を取る治療をしなくてはなりません。こうなる前に、治療を進めるのが望ましいです。

(5)C4
残根と言われる状態で、歯の大部分が虫歯により溶かされて、歯の神経は死んでしまい、痛みは無くなります。ほぼ歯の根っこだけになってしまった状態で、場合によっては、歯を残せない事もあります。痛みが無くなったからといってこのまま放置すると、歯の根の先に膿が溜まり、更に強い痛みの症状が出る事があります。

3. 虫歯は、早期発見・早期治療が大切!

虫歯は、できるだけ早期の状態に発見し、早期に治療を開始する事が大切です。虫歯の早期発見・早期治療はメリットがたくさんあります。

(1)歯の負担が少ない
虫歯の部分の歯を少し削り、歯科用レジンを詰める治療で完了する事が多く、その日のうちに治療が完了する事もあります。また、発見した虫歯がまだCO(シーオー)の状態であれば、削らずに定期観察をする事も可能です。

(2)治療費が少ない
歯科用レジンを詰める治療であれば、1回の保険診療で1500円〜3000円程度で済みます。虫歯が大きくなり、人工の詰め物をする治療になると、保険診療の銀歯でも4000円以上かかりますし、白い詰め物をする場合には、3万円以上〜になります。

4. 自覚症状が無いお口の中の病気に注意!

自覚症状が無いのは、初期の虫歯だけではありません。お口の中の病気で代表的な歯周病も、自覚症状の少ない病気です。
歯周病にいたっては、進行し重度の歯周病になるまで、自分で気がつかない事もあります。
お口の中の病気に早めに気がつき対処をする為には、定期検診が重要です。定期検診に行っただけのはずが、「虫歯がある」と言われると、ショックを受ける事もあるかもしれませんが、早めに気がつく事ができたのは、定期検診を受けたからなのです。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。痛みが無いのに、歯医者さんで「虫歯がある」と言われると、不安を感じる事があるかもしれませんが、痛みが出る前に、早めに治療を開始する事で、歯の負担や金銭的な負担も少なく済むのです。
虫歯は穴が空いてしまうと、自然に元に戻る事はありません。虫歯の箇所を歯科医師と一緒に確認し、早めに虫歯治療をするようにしましょう。

PAGE TOP