お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4939

再診・その他のお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

歯周病は自覚症状がないと言いますが、初期の段階で気付くことは不可能なのですか?|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック

歯周病は自覚症状がないと言いますが、初期の段階で気付くことは不可能なのですか?

歯周病は自覚症状の少ない病気です。だからといって、初期の段階で症状が無いわけではありません。
よく注意すれば、初期の段階で気付く事ができます。
毎日の歯みがきの時などに、鏡の前でチェックをするのがオススメです。

1. 歯周病初期の症状とセルフチェックポイント

.

歯周病の初期は、痛みなどの自覚症状はほとんどありません。
歯ぐきの腫れや、歯ぐきからの出血が見られます。
歯を支える歯槽骨の吸収もまだあまり見られません。
この段階で気付く事ができれば、歯周病の進行の予防がしやすくなります。
歯槽骨の大部分が残っているので、予後も良いでしょう。

セルフチェックのポイントをいくつか紹介したいと思います。

(1)歯みがきをした後、歯ブラシに血が付く

歯みがきをした後、歯ブラシに血が付いている場合や、口をゆすいだ水を吐き出すと血が混じっている場合には、歯ぐきから出血があります。
炎症を起こしている歯ぐきは、何もしない状態では出血はわかりにくいのですが、歯ブラシなどで刺激があると出血しやすいため、症状に気付きやすくなります。

(2)歯ぐきが赤く腫れている

歯周病が初期の段階から見られる症状です。鏡を見てチェックする事ができます。
特に、歯と歯の間の部分の歯ぐきが、腫れているかどうか判別しやすいです。
ひきしまったピンク色の三角形をしているのが健康な歯ぐきです。
炎症が起きている歯ぐきは、赤くプヨプヨとしていて、丸くなっています。

(3)口臭がある

歯周病が進行すると、口臭が強くなります。
歯周病菌が増殖し、歯周病菌そのものが臭いを発するのと、歯周組織の腐敗臭や膿の臭いが混ざり合って、強い口臭になります。
初期の段階では、歯周組織の破壊はあまり見られないため、程度はまだ軽いですが、口臭が発生するようになります。

(4)口の中がネバネバとする

歯周病菌が増殖すると見られる症状です。
歯周病が進行してくると、口の中のネバネバが強くなりますが、初期の段階でも感じる場合があります。

(5)歯ぐきがムズムズとする

歯ぐきに炎症があると、歯ぐきがムズ痒いような感じがする事があります。
また、歯が浮いたように感じる事があります。
風邪をひいている時や、疲れやストレスが溜まっている時、寝不足の時など、免疫力が低下している時に、起こりやすい症状です。歯周病が初期の段階から起こる事あります。

2. 歯周病が進行してくると見られる様々な症状

歯周病が進行してくると、自覚症状が増えてきます。
歯周病が中程度まで進行すると、硬いものを食べた時に痛む事があります。
そして、歯周病が重度にまで進行すると、歯がグラグラと動く事や、歯ぐきから膿が出る事があります。
このように、痛みなどの異常が出る頃には、歯周病が中程度から重度にまで進行しています。
その前の初期の段階で気付く事が大切なのです。

3. 喫煙者は注意!

喫煙者は、歯周病の症状が歯ぐきに現れにくいという特徴があります。
喫煙していると、タバコの成分の影響で、歯ぐきの毛細血管が収縮し、歯ぐきが厚く硬くなります。
そのため、歯周病が進行しても、歯ぐきの出血があまり見られず、歯ぐきの腫れも分かりにくくなります。

喫煙は、歯周病のリスク要因のひとつです。
喫煙していると、歯周病を発症しやすく、進行しやすく、そして治りにくくなります。
また、改善したとしても再発しやすいのも特徴です。
「喫煙している限り歯周病は治らない」とも言われています。
歯周病から歯を守るために、喫煙している人は、喫煙習慣を見直してみましょう。

4. 定期検診を受けましょう

歯周病に初期の段階で気がつき、歯周病を予防するために一番良いのは定期的に検診を受けていただく事です。
いくら注意深くセルフチェックをしても、お口の中の構造は複雑なので、見えにくい奥の歯や、歯と歯の間など、自分ではチェックが難しい箇所があります。

歯科医院での定期検診では、主に歯と歯ぐきの間の歯周ポケットの深さを調べる検査や、歯ぐきから出血している部位は無いか、検査を行います。
必要であれば、レントゲン撮影を行い、歯を支えている骨(歯槽骨)の状態のチェックを行います。
問題が無い方でも半年に1度は定期検診を受ける事をオススメします。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。 歯周病は、よく注意すれば、初期の段階で気付く事ができる病気です。
初期の段階では、痛みなどの自覚症状はありませんが、自分でチェックできるポイントがあります。
チェックポイントは次のとおりです。

  1. 歯みがきをした後、歯ブラシに血が付く
  2. 歯ぐきが赤く腫れている
  3. 口臭がある
  4. 口の中がネバネバとする
  5. 歯ぐきがムズムズとする

毎日の歯みがきの時などに、チェックをする事を習慣にすると良いですね。
自己チェックに加えて、歯科医院で定期検診を受ける事も大切です。半年に1回程度を目安に、定期検診を受けるようにしましょう。

PAGE TOP