お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4939

再診・その他のお問い合わせ

044-7660-970

メール相談(24H)

24時間メールお問合せ

歯が動いたような、浮いたような感じがします。原因としてどのようなものが考えられますか|武蔵中原で予防歯科や審美歯科なら中林デンタルケアークリニック

中林デンタルケアークリニック

クレジットカード決済について

お問合せ

院長ブログ

スタッフブログ

スタッフ募集

Epark

2018年8月診療スケジュール

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

※背景グレーが休診日になります

2018年9月診療スケジュール

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※背景グレーが休診日になります

2018年10月診療スケジュール

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※背景グレーが休診日になります

2018年11月診療スケジュール

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※背景グレーが休診日になります

2018年12月診療スケジュール

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

※背景グレーが休診日になります

歯が動いたような、浮いたような感じがします。原因としてどのようなものが考えられますか

歯が動いたような、浮いたような違和感。そんな感覚がある場合には、歯を支える歯周組織に問題を起こしている可能性があります。痛みを感じていないと、ついつい楽観視してしまいがちですが、場合によっては、重い歯周病にかかっている可能性もあるので注意が必要です。

1. 歯根膜のダメージによるもの

歯根膜とは、歯と顎の骨の間にある薄い歯周組織です。歯は、顎の骨に直接くっついているわけでは無く、この歯根膜を介してつながれています。歯根膜は、クッションの役割をしており、噛む時に、歯に伝わる力を吸収・分散し、歯は骨にかかる力を和らげます。また、噛んだ時の感覚や刺激を、脳に伝達する役割もあります。

歯根膜が、何らかの原因でダメージを受けると、歯根膜に血行障害が起こり、歯が浮いたような症状が現れます。このような症状を“歯根膜炎”といいます。

2. 歯根膜がダメージを受ける原因と治療法

(1)歯周病
まず1に考えられるのは、歯周病によるものです。“歯が動く”“歯が浮いたように感じる”というのは歯周病にみられる自覚症状のひとつです。

歯周病は、歯周病菌による感染症です。歯周病菌は毒素を出し、歯の周囲の組織を破壊します。歯周病は、進行が初期の段階では、歯ぐきの腫れや出血が見られる程度ですが、中程度にまで進行すると、歯周組織の炎症が進み“歯が浮いたように感じる”事があります。さらに、重度にまで進行すると、歯を支える顎の骨(歯槽骨)が溶かされて、歯がグラグラと動くようになります。歯根膜も炎症を起こしている状態です。場合によっては痛みも出る事があります。

<治療法>
歯科医院で、歯周病治療を行う必要があります。歯石の除去・歯周ポケット内の細菌の除去を低的に行い、自宅でも正しく毎日のケアを続ける必要があります。

(2)食いしばりや歯ぎしり
歯に過度な力が持続的に加わる事によって、歯根膜にダメージを与えてしまい、歯が浮いたように感じます。歯が多少動くようになる事もあります。

<治療法>
自分で意識して、食いしばりをしないようにしましょう。そして、自覚が無い事が多い“歯ぎしり”は、自分で減らす事は難しいので、歯への負担が軽減されるように、歯科医院で“マウスピース”を作製し、就寝時に装着するようにしましょう。 悪い噛み合わせが“食いしばり”や“歯ぎしり”に影響を与えている事があります。噛み合わせに違和感を感じている場合には、歯科医院で噛み合わせの調整をする事で、“食いしばり”や“歯ぎしり”が減少する事があります。

(3)神経の治療後

虫歯が進行し、歯の神経にまで達していると、神経を取る治療を行います。神経の治療の際、歯の根の先から歯根膜に刺激が伝わる為、歯が浮いたような感じになる事があります。 一過性のものですので、通常は2〜3日で治まります。歯がゆらゆらと動くような事はありません。もし症状が長引く事や、歯が動く事があるようであれば、別の原因も考えられるので、診てもらい原因を突き止める必要があります。

(4)歯の根の先に膿が溜まっている
虫歯が神経にまで達してもなお放置していると、神経は死んでしまい、歯の根の先にまで感染が広がります。歯根膜の炎症に加えて、根の先に膿が溜まり圧力が高まる事によって、膿の袋が歯を押し上げようとする力が働き、歯が浮いたような感じがします。
また、何らかしらの原因で、歯の根の治療が終わった後でも、内部に感染源が残っているなどすると、根の先に膿が溜まってしまう事があります。

<治療法>
歯の根の治療を行い、根の先の膿を排出させ、歯の内部を消毒し、ふたたび閉じます。場合によっては、歯ぐき側から切開をして、膿を排出させる治療を行う事があります。

(5)歯の使い過ぎ
硬い食べ物や、噛みごたえのある食べ物を食べ続けた場合、歯に過度な力が加わり続けた事で、歯根膜がダメージを受ける事があります。ダメージを受けると、ダメージを回復しようとして、歯根膜に血液やリンパ液が集まるため、歯が浮いたような感じになります。

なるべくその歯を使わないようにし、安静にしておけば、徐々に落ち着いてきます。歯が動いたり、浮いたような感じがなかなか治らない場合には、他に原因がある可能性があるので、注意が必要です。

(6)疲労・ストレス
疲れている時、ストレスが溜まっている時、風邪などで免疫力が低下している時は、歯が浮いたような感じがする事があります。ストレスや疲れ・風邪によって、血液やリンパ液の流れが悪くなるためだと考えられます。女性の場合、出産前後や月経前後・更年期など、ホルモンバランスが崩れやすい時期にも、違和感が現れやすいです。 疲労やストレスだけで無く、他に歯周病などの原因がある場合、疲労やストレスによって、症状が強く現れている事があります。

ストレスを解消し、ゆっくり過ごすように心掛けましょう。歯ぐきを指でマッサージし、血行を良くする方法も効果的です。

3. 違和感を放置するとどうなるのか

歯が動いたような、浮いたような違和感は、放置せず、放置せず早めに受診をする事が大切です。原因が、「食いしばり歯ぎしり」「歯の使い過ぎ」「疲労・ストレス」の場合には、安静にする事で、いつの間にか自然と症状が治まる事があります。また、「神経の治療後」一時的に症状が現れているだけであれば、放置しても良いでしょう。しかし、次のような感染性の場合には、悪化する可能性が高いので注意が必要です。

(1)歯周病
歯根膜炎を起こしているという事は、ある程度進行した歯周病である事が考えられます。一刻も早く歯周病の治療が必要です。歯周病を放置すると、歯周組織の炎症が進み、歯を支える骨(歯槽骨)の大部分が溶かされ、歯を支えきれなくなり、歯は抜け落ちてしまいます。一度失った歯は、再び元の状態には戻りません。

(2)歯の根の先に膿が溜まっている
痛みが無い事も多く、歯が動いたような、浮いたような感じも、風邪など免疫力が低下している時に出やすい症状なので、身体の調子が戻ると、違和感を感じなくなる事があります。だからといって放置してしまうと、感染が顎の骨に広がり、激しい痛みとなり、大きな手術が必要なほどになってしまう事があります。抜歯をせざるを得ない事もあります。

4. 早めに対処する事が大切!

歯が動いたような、浮いたような違和感は、場合によっては放置して悪化する事もある症状です。自分では、放置して治るものなのか、悪化するものなのかの判断はできません。違和感がある場合には、早めに受診し、原因を突き止めて、適切な対処をする事が大切です。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。歯が動いたような、浮いたような違和感は、多くは歯根膜のダメージによるものだという事がわかりましたでしょうか。 歯根膜がダメージを受ける原因は主に6つあります。

  1. 歯周病
  2. 食いしばり歯ぎしり
  3. 神経の治療後
  4. 歯の根の先に膿が溜まっている
  5. 歯の使い過ぎ
  6. 疲労・ストレス

原因によっては、安静にして様子をみていれば、自然と改善するものもありますが、「歯周病」「歯の根の先に膿が溜まっている」場合には、放置すると、悪化し、取り返しがつかない場合もあります。

自分では、原因の判断は難しいものです。違和感を感じた場合には、できるだけ早めに受診をする事が大切です。

PAGE TOP